2009年05月20日

留学後記 この記事をはてなブックマークに登録

1年の留学が終わり、丁度1年が経とうとしています。
良い機会なので、留学について振り返ってみようと思い
文章に起こして見ました。



中学時代は本当に英語が苦手だった。
もちろん勉強するやる気はあるにはあったんだけど
テストでは良い点が取れないし、答えを丸暗記するレベルだった。
だけど、その頃からか海外に漠然とした興味を持っていた気がする。
映画(洋画)を良く観ていたからかもしれないし、
小さい頃に読んだ伝記や、遠き落日(野口英世の一生を描いた映画)が
影響を与えたのかもしれない。
とにかく、その頃はいろんな人の話が聞きたいと思っていて、
海外に行けば日本では会えないような人とたくさん話せるという
わくわく感があったような気がする。

だから、一年間の留学が義務で、大学を出るころには
生きた英語を身につけられると謳っていたAIUに興味を持ったのは
当然だったのだろう。
実際に留学に行く段となり、どこに行こうかを考えたときに
僕はヨーロッパに行こうと思った。
やはり欧米文化というか、西洋文化の発祥はヨーロッパであるし、
少なからず日本に対して影響を与えており、
国際社会の中で大きな位置を占めているのだから、
実際にヨーロッパをこの眼で見たいという思いは強かった。
決して欧州の文化が進んでいるという思いは無かったから、
明治時代の侍とは違う考えだったけれど、
欧州の歴史の重みを感じてみたかったのだ。

さて、実際に留学を終えてみてどうだったかと言うと、
頭の中の世界が広がったというのは間違いないと思う。
真白な地図に自分が行った所を書き込んでいくイメージ。
日本以外にヨーロッパが新たに自分の地図に書き加えられたような感じだ。
テレビで見たより、そして本で読んだよりもずっとリアリティがある。
想像力を働かせて、脳内でヨーロッパをイメージ出来るようになった。
しかもそれは映像だけでは無くて、味、音、匂い、
肌で感じられる風までも含まれていて、その分ずっとリアルなのだ。

自分の想像力が足りないからなのかもしれないが、
正直実際に海外に行ってみるまで本当に日本以外の国が
存在するのか確信が無かった。
そんなバカなと思うかもしれないけれど、
ヨーロッパを列車で回ってみて初めて、
ヨーロッパ大陸がこんなにも広大で、
それぞれの国が陸続きになっているということが分かったのだ。
そして、新聞の記事を読んでいてヨーロッパの事が書いてあると
つい目が止まり、今どんなことが起こっているのか知りたくなる。
そして遠いけれど近い欧州に思いを馳せる。
それは留学前には考えられなかったことだと思う。
その意味で僕のアンテナはいくつも増えた訳だ。

「世界」なんてはっきり言って自分が想像できる範囲でしか語れないし、
国際社会と言っても自分が知らない国のことは
正直真剣に考えられないのかなと最近は良く思う。
想像力を存分に働かせれば、きっと行ったことのない国についても
少しは考えられるかもしれないけれど、それにだって限界がある。
だとしても、想像力を高める必要があるのではないか。
少しでも心の中の地図を埋める努力をすることが必要なのではないか。
そうじゃないと、日本を超えた枠組みで物事を考えることが出来ないし、
そもそも今ある自分の周りの狭い周囲にまでしか
思いを至らせることが出来ないと思う。
自分が今いる地図の一点から少しでも遠い点を取って、
そこから線を引こう。

自分の「世界」を突き破るために。
posted by Jack at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・語学 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年06月20日

帰国しました。 この記事をはてなブックマークに登録

ノルウェーでの一年間の留学を無事に終え、
先日帰国しました。

自分がこの一年間でどのように変わったのか、
留学が成長の上でどんな糧となったのか、

そうしたことは今のところはっきりと言うことが出来ません。

しかし、この一年間で
日本にいては出来なかったであろうことを
たくさん経験することができました。

留学の反省を含めて振り返る機会が今後あると思うので、
その時々に気付いたことや感じたことをブログに記すつもりです。


さて、前回の更新からかなり間が空きました。

5月中はテスト勉強に忙しく、19日にテスト勉強を
終えた後は、フィヨルド旅行に行ったり、お別れ会を
開いたり、さまざまなイベントが盛り沢山で、ゆっくりと
ネットする時間もありませんでした。引っ越す準備などもありましたし。

ちなみにそんな中誕生日を迎え、21歳になりました!
成人になって一年、責任ある社会人へと成長出来たかは
分りませんが、徐々に就職活動も近づき、いよいよ社会へ
出る日が近いと実感しています。

5月28日からは、
6月15日までヨーロッパを電車で旅行しました。

以前の日記にも書いたと思いますが、
ユーレイルパスという範囲と有効期間をカスタマイズして
その間、区間ならば基本的に運賃が掛からないパスを使い、
ノルウェーから終点のロンドンまで旅行しました。

15日有効で、ユーレイル加盟国すべてで有効なパスを
購入し、11日ロンドンへ到着するまでヨーロッパをぐるっと
周りました。

また今度詳しくは日記に書こうと思います。

具体的には、ノルウェー(出発)、スウェーデン、デンマーク、
ドイツ、オーストリア、スロベニア、イタリア、スイス、
フランス、イギリス(到着)というように周りました。
ちなみにイギリスは加盟国では無いです。

はっきり言って15日という期間は短すぎました。
移動時間にかなり取られ、それぞれの都市に長くて二日ほどしか
いられませんでした。なので、ある意味都市の下見というか、
結果的にはここはまた行きたいという都市が沢山出来た感じです(笑)

留学している間に映画の続編が出たり、
読んでないマンガが溜まったりしましたが、
そうしたものを消化しつつ(??)ほかの新たに
興味が出た分野の本や、その他さまざまななものに
触れて行きたいと思います。

就職活動も2010年卒対象としてどんどん
活発化していきます。積極的に参加していきたいです。
posted by Jack at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・語学 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年04月01日

[お知らせ!]国際教養大学の留学記 この記事をはてなブックマークに登録

今日は一つ大事なお知らせがあります。

国際教養大学生の留学記本日正式スタートします。


36人の海外大学留学記 - 世界に散らばる友達 -


国際教養大学(略称はAIU)では学生全員が一年の留学を義務付けられており、
僕を含め同学年の学生を中心として世界各地で留学生活を送っています。


単身一年という長期留学は僕の大学生活の中で、ひいては人生の中で
とてつもなく大きなイベントです。最初は右も左も分からず訪れた初めての海外。
到着初日いきなり空港で野宿した、海外にセブンイレブンがあって驚いた、
なんていう経験も今では良い思い出です(笑)

英語という言語の壁に苦しみ、それでも何とか他の留学生と
コミュニケーションを取り、伝わったときの嬉しさ。現地人に留まらず、
様々な国から来た他の留学生と触れることによって新鮮な驚き・気付きを得、
カルチャーショックも経験しました。学生同士での議論ではいつでも
自分はどう思うのか、という「僕の意見」が求められ、
(ある事柄について)日本はどうかと何度も聞かれました。
戸惑いつつも必死に考えて理解してもらえるように説明し、その過程で
自分の世界が広がっていくのが実感出来る。そしてそれは現在進行形です。


ブログ参加者の留学先はアメリカやイギリスなどの英語圏を初め、
アジアなら香港、中国、台湾、韓国、マカオ、シンガポール、
ヨーロッパではフランス、ハンガリー、ノルウェー、キプロス、etc。
中にはアフリカのザンビアへ行っている先輩もいます。


それぞれの国では当然言語、文化、行動様式、食事、気候等が異なります。
秋田から各国へ旅立った学生のそれぞれがそれらの違いを目の当たりにし、
自分で体験し、感じ、気付き、考え、そして行動しながら
自らの血肉となるよう努力しています。

そうした"生"の過程をこのブログで伝えていけたらと思います。


もちろん各国の名勝や名物など観光的な面も楽しんでもらいたいですが、
それだけに留まらず各自の体験への考察などを読んで一緒に
考えていただけたら、より一層価値のある留学記になると思います。
読者の皆さんからのコメントで各学生が更に考えを深め、
文章もより面白いものになるだろうし、それが各自の充実した留学生活に
つながるでしょう。


このブログは一つのブログでそれぞれの執筆者が日記を
綴っていく形で展開されます。初めは自己紹介が続きますが、
写真をふんだんに使いながら、徐々に充実させていきたいですね。

留学しようかどうか考えている方、国際教養大学に興味がある方、
海外の文化に感心がある方、いつかは絶対行ってみたい国がある方、
観光地や食べ物などの写真を見てその地へと想いを馳せたい方などなど。
是非楽しんで欲しいと思います。


立案は、現在香港大学に留学している友達を中心として行い、
実行委員で話し合ってきました。僕はどちらかと言うとサポート的な立場ですが、
頑張っていきたいと思います!

執筆者を募ったところ、36人も集まりました。
多くは同学年ですが、もうすぐ留学を終える人(僕を含め)、
今留学が始まって少しずつ慣れてきた人、そしてこれから留学を
しようとしている人と、それぞれ違います。それだけに留学の
いろんな側面をお伝え出来ると思っています。

今後は多くの人に楽しんでいただくために、
執筆者一同充実したコンテンツに出来るよう頑張っていきますので、
応援していただければうれしいです。

ブログという形で発展させていき、
可能であれば最終的に本として出版出来れば面白いなと考えています。

皆様からの意見やコメントをお待ちしています。

どうぞよろしくお願いします。




追記:留学記はじめに。
冒頭の挨拶として、もしよろしければ。

4/2改稿。
posted by Jack at 22:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 留学・語学 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2007年12月17日

ノルウェー留学記〜From Copenhagen to Bergen この記事をはてなブックマークに登録

大分間が空いてしまいましたが、続きを書いてみようと思います。
前回のはこちら:ノルウェー留学記〜From 成田 to Copenhagen〜


さて成田からデンマークのコペンハーゲンへ着いたのだったが、
目的地へのベルゲン行きの便は4時間後に出発するため、
それまでなんとか時間をつぶさなければならなかった。

前回書いたように時間が経過していったのだが、そんなことをせずに
空港を出てコペンハーゲンを見物しようとする気は起きなかった。
というのも、英語を使って買い物をするだけでかなり勇気を振り絞らなければ
ならなかったので(情けない話ではあるが)それどころでは無かった。

大学では少なくとも一年半英語を鍛えてきたのだが、
やはり会話になるとややぎこちなく、プレゼンでもドギマギすることが多かった。
その代わりエッセイやリーディングなどの高校受験の延長的な部分はある程度
自信があった。しかしこっちに来てみてやっぱり出来る人は出来るし、
まだまだだと思っている。それはこれからも磨き続ける必要があるだろう。

いよいよ出発の時刻になった。
パスポートを見せて受付を終え、搭乗ゲートへと向かう。実はまだこの時になっても本当にベルゲン行きの航空機があるのかと疑っていた。何しろ初めての海外での航空機の利用でもあったし、何もかもがはじめてなので不安はあった。
まあそれでも何とかなるだろうという楽観的な考えは持っていた。電光掲示板に表示されたゲートの場所に行ってしばらくするとフライトアテンダントとパイロットとおぼしき団体がやってきて、航空機への搭乗が始まった。
他の客をざっと見回してみると、北欧系(?)と思われるような長身で金髪に青い目の人が数人いる。アジア系の人もいるが、話している言葉からすると中国人のようだ。年齢的には高齢者が割と多かった気がする。
(写真は搭乗ゲートからのワンショット。クリックで拡大できます。)

フライトの時間は約一時間で、秋田―東京(羽田)間とほとんど変わらず、
早く着いて欲しいと思っていた。外もかなり暗くなっていた。

機内に乗り込むと、座席は通路側だった。こういうときは窓側なら景色が
楽しめるのにな、と思いながらも長時間のフライトで疲れて、眠かった。
しかもうっかり薄着で来てしまい、半袖シャツに半袖の上着しか着ておらず
待ち時間の間にすっかり冷え切ってしまい(というか空港でジェラートを食べたのが
まずかったのだろうが…)何か温かい飲み物が飲みたかったので、
機内サービスで飲み物が来るのを待っていた。

通路側からコーヒーのいい香りがして前を見ると、男性のフライトアテンダントが
カップとコーヒーの入った容器を運んできたので、ここで勇気を出して(?)
声をかける。温かい飲み物だ、やったー、と思って飲もうとしたその瞬間

"〜krone?"(「〜クローネになります。」値段は覚えていない。)

と言われ、え!?お金取るのかよ!と思わず心の中で叫んでしまった。

まあ確かにすべての人に順番にサービスしていなかったのでその時点で無料
ではないことに気づけば良かったんだが、既に前の買い物で出来ていた小銭を
早速使って支払った。
そしてこれが海外で2番目の買い物となった。

(※ちなみになんとこれはノルウェーではすべてのサービスにはお金が要るという
  ことを暗示していたのでもありました…。)

コーヒーを飲んだ後はすぐに眠くなり、うとうとしているうちに
あっという間にベルゲン空港へ着いた。


(翌朝撮影した航空機の写真。クリックで拡大できます。)


あとは寮へ着けば無事今回の長い旅路は終了だ。

しかし、寮へは翌日行かなければならない。
というのも、入寮の際にまずは鍵をもらわないといけないのだが、
その受付が僕が着く時刻にはとっくに閉まっており、行っても仕方が無いためだ。
航空券を取る時にしっかりと時刻まで調節出来れば良かったが、
インターネットでチケットを取ったので時間帯は変更出来なかったのもある。

だからとりあえずはホテルに一泊して、翌朝寮に向かうつもりでいた。

ホテルは事前に予約していなかったので
(※ここでも何とかなると思って準備を怠ってしまった楽観的な自分がいます…。)
空港にあるであろう観光客向けの地図を探した。

ベルゲンガイドみたいなのを見つけたが、致命的なことに
フランス語とドイツ語しかない。どうやら英語版は無くなってしまったようだ。

とりあえず他にもいくつか地図を見つけて、ざっと見てみると、
空港は市街から離れたところにあり、市街のホテルへはかなり時間が
かかりそうだった。


・・・・・・。


ここで僕は一つの決断を下した。

空港で一夜を過ごすことにしたのだ!

一応ベンチに腰をかけてどうしようかと悩んでいたところ、
他にも近くのベンチで纏まって外に出そうに無い人が数人いたので、
もしかしてこの人たちも空港で一夜を過ごすつもりなのかなと思ったからでもある。


ということで次回に続きます!
書きながら自分でもよくこんなに無茶したなと思います。
これから留学をされる方は僕を反面教師にして(?)頑張ってください。
荷物や送るものばかりに時間をかけすぎて、肝心の旅行計画にまで
手が回らなかったのは少々反省しています…。

※一人の野宿は大変危険ですので、女性の方は決して真似しないでください(笑)


追記1:こんなことを回想している間にも再び旅立ちが近づいています。
   19日からスウェーデンへ旅行してきます。大学(AIU)で友達になった
   スウェーデン人のところへプチホームステイのような形になります。
   場所は首都のストックホルムです。今いるベルゲン(ノルウェー)は
   スカンディナビア半島の西海岸沿いで、比較的暖かく、雪も積もるほど
   降っていません。(これって秋田以下かも…。)なのでストックホルムの
   寒さに耐えられるか少し心配です。

   そして28日には日本へ一時帰国です。
   14日に成人式があり、それに合わせての帰国となります。
   ああ、こたつが恋しい!お酒も飲める年齢になったので、あまり
   はしゃぎすぎないように気を付けて、楽しみたいと思います!

posted by Jack at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・語学 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2007年11月24日

ノルウェー留学記〜From 成田 to Copenhagen〜 この記事をはてなブックマークに登録

今までもブログで写真を少しは載せていたんですが、
アップロードに時間がかかったりいろいろと面倒だったので
あまり積極的に使いませんでした。ですが、写真をアップすれば
それだけいろんなことが伝わると思うし、これまでの半年間を振り返る
意味でも、時間を見つけて少しずつ写真を載せながらどんなことがあったのか
解説していけたら面白いかなと思いました。それもブログライターを利用する
ことで可能になります。写真も簡単にアップできるのでテストを含めて
使ってみようと思います。
では早速成田からベルゲン、つまり日本から僕が始めて海外ノルウェーへと
出発してからをハイライトで(笑)説明します。Are you ready?

朝から成田へと両親に車で乗せてもらいながら、あれは持ったか、これは必要でないかなどなどいろいろと話しつつ、出発前に携帯で留学する旨を伝えるメールを打っており、それに対する返信を出来るだけしようと思っていたのだった。

と言っても、携帯は解約せず(ソフトバンクで機種変更をして半年も経っておらず、海外ローミング機能つきだったためでもある。)持って行ったのだが、こっちでは圏外でただの時計機能を持ったデバイスに成り果てている…。これは失敗だと言わざるを得ない。

ちなみに携帯に入っているチップを移して別の携帯に入れれば使えるのだけれど、電話もしないし、メールも必要ないのでそのままにしている。
写真は全く関係ないが、横浜そごうの屋上にある岡本太郎の作品だ。(たぶん本物)



成田空港に着くころには、見送りに来てくれる友達が成田に着いていて、
今どこ?というメールが向かう途中に何度も来て、もう少しかかりそうだ、
と出発までに果たして間に合うのかどうか心配だった。
成田に着いたらスーツケースと旅行かばんを持ち、早速チケットを持って
空港窓口へと向かった。その窓口に向かう前には友達と出会い、
とりあえず再会の感動を味わう余裕も無く荷物を預けたり、手続きを済ませた。


両親だって俺が海外に行くのが初めてだし、何となくそわそわしていた。
それを見て逆に何とかなるって、という風に落ち着いて振舞っていた。
家族と一緒になって俺まで不安になっても仕方ないし、そうする暇も無かった。
基本的になんとかなるだろうという楽観的な性質(たち)なので
本当にそこまで心配はしていなかった。もちろん後になって準備が足りなかったと
嘆くことになったが、一度も海外に行ったことがないし、準備が完璧に出来るとも
思っていなかった。

出発までの準備では家族にお前は準備が足りないといつも言われていたが、
こっちに着いてから他の留学生に、良く準備してきているんだね、とか
何でも持ってきてるんだな、などと言われたので、要らない心配だったのだとも
思う。もちろん最低限のお金が無ければ問題ではあるが、少なくとも
自炊も出来るし、ある程度のことは一人で出来るのである種のチャレンジのように
楽しもうと思っていた。


次に手続きを終えたのも束の間、次は為替で
日本円をノルウェークローネに換えた。向こうの銀行口座にお金を
入れてあるのだが、最低でも当面必要なお金は手元に持っておくためだ。
ノルウェーは知られていないかもしれないがEUに加盟していない。
北欧と言えば、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、
アイスランドの五カ国で、そのうちノルウェーとアイスランドはEUに入っていない。
(これについて論ぜよというのがこれからある「スカンジナビアの政治」の
期末試験のエッセイの課題でもある。)
更に、ユーロを導入しているのはなんとフィンランドだけである。
ということでノルウェー、デンマーク、スウェーデンそれぞれの硬貨は
クローネだ。ちなみに当時で1ノルウェークローネ=約22円だった。
現在はドル安の影響を受け約20円である。もう少し円高が早かったら
なんて思ってももう遅いが。


そうこうしているうちに出発の時間が迫り、
友達には大学のサークルで書いてくれた寄せ書きと、
手紙をもらった。
それを受け取りそのまま両親とも別れを告げて搭乗ゲートへと向かったのだった。


後からその友達に聞いた話だが、その友達は僕の両親としばらく話したらしく、
また、不安になっている両親(むしろ俺ってそんなに頼りないのかな?とも考えたり)
を大丈夫ですよ、となだめてくれたらしい。そのことにはとても感謝している。


ということで早速興奮と不安(どうなっちゃうんだろうという先の見えない気持ち)
どちらも感じながら座席へと座る。飛行機には何度も乗ってきたが、海外への
飛行機はかなり違っていた。まず驚いたのがフライトアテンダントが外国人で
あること。スカンディナヴィア航空を利用したのだが、ANAと飛行機を共有している
らしく、日本人のスタッフもいて少し安心した。というより最初に驚いたのは
乗客の多くが外国人であったことだったか。そして俺の座席は窓側だったので
ラッキーと思いつつ、隣も外国人で少し不安だった。

ちなみに窓側は長時間の航空ではトイレに行けなかったりするので実は不便な
座席である。これって常識だったり?


その後もいろいろとあった。久しぶりに機内食を食べたし、
座席の前に付いているディスプレイで映画やスポーツを観たりetc。
ちなみに映画はスクービー・ドゥーというパロディ的なもので
英語はかなりスラングが強くて聞き取れなかったが、分からなくても楽しめる
類のものなので問題なかった。スポーツはひたすらツールドフランスで
アームストロングの特集だった。そしてもらった手紙を読んだりもした。
やっぱり手書きの手紙というのはうれしいものだ。


で興奮していたのもあるがあんまり寝られなかったが、とうとうコペンハーゲン空港(デンマーク)に着いた。

着いたのが日本を11時40分に出発したのに3時ごろ。もちろん日本の方が時間が早いので4時間で着いた訳ではない。

だいたい10時間くらいはかかったのではないだろうか。

そして残念なことにコペンハーゲン―ベルゲンは8時30分発というかなり遅いものだったのでかなりまたなければならなかった。

写真は空港のロビーで、ここで座って時間をつぶすことにした。不運にもパソコンの電源が切れており、本や雑誌を読んだ。

なんとなくデザインが北欧っぽい感じがして、うれしかった。


また近くにはセブンイレブンがあり、日本以外にもあるのかと驚いた。しかし来る前に新聞か何かで読んだのだが、セブンイレブンの店舗数は、世界でマクドナルドを抜いて一位なのだ。

ちなみにノルウェー市外にもセブンイレブンは日本と同じくらいの割合である。

ここでちなみに海外初の買い物をした。値段が書いてるものについてはなれないなあら計算して、コーラが500mlで300円くらいするのにびびったし、あまりお金を使いたくなかったのだが、のども渇いたし腹も減ったので、何か買うことにした。

何しろクローネを使えるのかも分からないのでとりあえず聞いてみるとどうやら使えるようだった。



それで買ったのがこれ。

スパイダーマンのカップでジェラートみたいなのを注文した。

お釣りをもらったのだがレシートをもらうのを忘れ、結局どれくらい払ったのかも分からないし、お釣りも何クローネあるのか分からず困った。後から分かったのは、たぶん少しちょろまかされたということだ。

これを機に、お金には強くなろうと決心したのだった。

しかしとにかく始めての買い物が成功したので安心し、もって来ていたクーリエ・ジャポンという雑誌や、『海がきこえる』を読んで時間をつぶすした。

写真は入れ物は捨てるのは勿体無いし、記念に持って来た。

ということでここからコペンハーゲン―ベルゲンへと続く。

こんな感じで続けようと思っています。どうでしょうか?

おまけ。アマゾン・アソシエイツというのを練習がてら
使ってみようと思います。本の表紙も出てきてすごく便利ですね。

 Amazon

海がきこえる (徳間文庫)
『海がきこえる』は、ジブリによって映画化されたので
ご存知の方も多いかもしれません。

一応ブクログ(右のリンク参照)でも感想は書いたのですが、
DVDを友達と一緒に観た時の印象はかなり良かったです。
独特の土佐弁の響きが心地よいというのもありますが、
結構深いです。宮崎駿監督の映画だと、登場人物の心理描写は
誰にでも分かるもので、悪く言えばリアリティに欠けるという面もあります。
(もちろんそこが宮崎作品の良いところでもあるのですが。)
それに対してこの映画は、原作者が女性だということもありますが、
人間関係や心理描写がすごくリアルです。

で、もっと作品世界を味わいたいと思って小説を手に入れました。
原作はこれと、更に「海がきこえる II」があります。

是非機会があれば読んでみてください。
空港でも時間待ちの時に読んでいたのを思い出したので紹介してみました。
中古でも良いので是非!

posted by Jack at 15:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 留学・語学 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。