2008年08月15日

What is RISK?/人生におけるリスクとは この記事をはてなブックマークに登録

What is RISK?

リスクって日本語に訳すと正確にはどうなるんでしょうか

「リスクを取る」とか、「リスクをヘッジする」とか言います。

リスクは回避するものではなく取っていくものだなんて聞くこともありますが、
果たしてリスクの定義は何でしょうか。


ちょっとリスクについて考え中。

いまだによくわかりませんが、、
一応「将来のある行動に対し、それに付随して起こる可能性のある損失」
とでもしておくことにして考えを進めてみます。
潜在的損失可能性なんて訳すと良いのかもしれませんが
長ったらしいですね(笑)

重要なのは、リスクは必ず潜在的な利益とセットで存在しているということ。

リスクしかない行動もあるんじゃないかって思う人がいるかもしれないけど、
そもそもある行動には自分に利する結果を伴うものもあれば、伴わないものもある。
得るか失う、あるいは何も得ないかしか場合が無い。
何も得ない=時間を失ってることですよね。

何が得で何が損かっていうのは人それぞれ違うと思いますが。


つまりリスクっていうのはある行動に対して得ることを期待しているものが
得られない可能性(危険性)のことだと言えると思います。

それに対してもちろん得ることを期待しているものが潜在的な利益。
これをチャンスとかメリットとしても問題は無いかもしれません。



--------------------------------------------------------------

人生におけるリスクとは

では人生のリスクについて考えてみます。
細かいことではなく、人生そのものについて回るリスクとは何か。


答えは単純です。

人生におけるリスクは死。


死ぬというリスクを受け入れられない人は、
生きることで得られる喜び、幸せさえも拒否していることになる。

映画「ゲド戦記」でアレンは
「人間はいつか死ぬのにどうして生きなければならないんだ」
と嘆くシーンがあります。しかしそれはゲドが言うように
「死を拒絶することは生を拒絶していることと同じ」なのです。

中には死ぬというリスクに対し、
その可能性ができるだけ低くなるように、
様々な対策を施す人もいます。しかしそうした人たちは
リスクがあるということは認めているのが前提。
その上でどう行動するのか。

リスクを取らないということは、
ある行動に対して自分を制約するということです。

あるプロのバイオリニストは手を絶対に怪我しないように、
手を怪我しそうなことはしないようにしているそうです。

たとえば家事をやらない(ガラスで手を切ってしまったり、洗剤で手が荒れてしまうかも)。
スポーツをやらない(手を脱臼したりしたら練習が全く出来なくなる)。

これってスポーツなら、スポーツを楽しむ機会を失っていることになります。


要するにリスクばかり恐れていたって、
自分の行動が制限されるだけなので、
そのリスクがどれだけ自分にとって致命的なのか、
それを避けてまで得られるものは何なのか、
ということをしっかり考えつつ、
行動していけばいいんじゃないかっということです。

ある会社の社長がインタビューでこんなことを言っていました。

「私は常に行動では得るものと失うものがあると考えています。
なので得るものがあった時は必ずそれに対し何を失ったのかを考えます。」



死ぬというリスクを常に抱えている僕らですが、
今取っている行動はそのリスクに見合うものを
もたらしてくれているのでしょうか。

posted by Jack at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年05月28日

欧州列車一人旅決行! この記事をはてなブックマークに登録

前回の更新から大分間が空いてしまいました…。

19日までに全部で二つあったテストが終わったんですが、
本当にそれから今までかなり慌しく、時間が過ぎました。

いくつか書きたいこともあるのですが、
また日本に帰ってから書こうと思います。

さて、今日ノルウェー時間の午前に、
約10ヶ月生活をしてきたベルゲンと、
寮の友達に別れを告げます。

ここ数日は僕の誕生日があったり(21歳になりました!)
お別れパーティーとして友達と一緒にご飯を食べたりしました。

まだ正直ノルウェーを離れるということが実感できずにいます。
本当にあっと言う間だったと思いながらも、すごく濃密な
時間を送れたと今になって思います。

日本に帰れば就職活動がそろそろ視野に入ってきているし、
勉強もようやく英語による勉強が板についてきた(?)というか、
本格的に自分のやりたいことを追求していく時期に来てると思います。
なので今から大学での勉強が楽しみです。
学士過程としては、今までは教養科目を取ったり、
基礎学力を高める期間でしたが、残り一年半はせめて
学士論文を書けるまでになるように、努力しなければならないと
思っています。本当に時間が足りないです。


とは言え、日本に帰るのは15日、ロンドン発の便です。
それまでは、電車(Eurail)でヨーロッパを回るつもりです。

これまでヨーロッパを旅行したこともスウェーデン以外ないし、
少々不安ですが、頑張って列車一人旅に挑戦したいと思います。

予定では、ノルウェーから、デンマークへ行き、
その後ドイツ、チェコ、オーストリア、イタリア、フランス、
そして再びドイツ(西ドイツ)、イギリスという感じのプランです。

正直16〜8日間で全てを満足に回れるとは思っていませんし、
かなり無理をしているのかもしれませんが、まあとにかく
回ってみるつもりです。メインはドイツ、イタリア、フランス、
イギリスの四カ国です。

特にドイツのケルン大聖堂は一度は行ってみたいと前から
思っていたので、是非行けると良いです。

ユーレイルというパスを使っての旅行になります。
やや前途多難ではありますが、これを機会に大学で
この先何をするのかを考えたり、新たな気づきを得られたら
良いなとも思っています。

では次の更新は日本に帰ってからになると思います。
それまでさようなら。行って来ます!
posted by Jack at 13:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年04月23日

今後の予定 この記事をはてなブックマークに登録

昨日無事に帰りのチケットを取れました。
6月16日には日本に帰国する予定です。
もう残すところ二ヶ月を切りました。あっという間ですね。
本当に月日が経つのは早いです。

あまり日記で細かく行動を記したりはあまりしないので、
メモ程度に書いておくと、5月中旬に期末テストが控えており、
それを無事乗り越えることが出来れば、後はノルウェーを
悔いの無いように堪能し(お金が許す限りですが 笑)、
夏以降は就職活動などで忙しくなると思います。

インターンシップもやりたいし、
読みたい本のリストも膨れ上がってます。
大学では新しい図書館がオープンしたということなので、
それも楽しみです。

チケットの話に戻ると、
こっちに来るとき僕は一年間有効のFIX/OPEN往復チケットを
購入してノルウェーまで来ました。
本来ならそれを使って帰る予定だったんですが、
復路の分を昨冬の一時帰国の際に使ってしまったので、
帰りのチケットを手配しなければならませんでした。
(冬帰国は成人式に出たり、東京に用がいくつかあったためです)

帰国便はいつ帰るか分からないから自由に決められるように
後で取れば良いと友達にアドバイスを受けていたのですが、
まあOpenチケットを手数料払って後から日時を変更する方が
簡単かもしれません。

しかし、今回取ったチケットは割安でした。
Alitaliaというイタリアの航空会社のもので、6月15日発
ロンドン発-イタリアミラン経由-成田行きです。
イタリアのミランで空港をかえないといけないのは
非常に面倒ですが、値段が385ポンドと、日本円にすると約8万円です。

昨年の夏に取った往復チケットが20万円(!)ぐらいしたので、
普通は片道10万円程度かかります。まあ夏に取ればそれくらいの
値段になってしまいますよね。

なので、最初から往復チケットなんか取らずに
片道ずつ格安のチケットを探す方が良いのかなと
思ったりもしたんですが、はっきり言って面倒だし、
安いチケットが見つかる保証も無いので、
よほどのことが無ければ無難に往復チケットを取っておいて
問題ないでしょう。メールで何度も問い合わせをしたり、
注文したいと言ってもそれから返事が無かったりと、
手間がかかるので僕はおすすめしません。


金銭的な話をすると、
一年間の生活費は、あらかじめノルウェーに送金してあります。
(それが学生ビザを取得するための条件でもあったんですが。)
なのでそのお金を使って今まで生活してきました。何しろ物価が
高いので、外食をなるべく控え、自炊で節約してきました。

外食とか普通のレストランに行くと、一食で普通に
2千円から4千円ぐらいするので(!)めったに行きません。
まあマックとかバーガーキングなんかに行けば別ですが、
わざわざ海外でジャンクフードを食べるつもりは無いので
自炊しています。

残り二ヶ月を切ってみて、
海外旅行に行けるくらはお金が残っていることが
分かったので、テストが終わってから少し旅行するつもりです。

ヨーロッパはまだノルウェー以外にスウェーデンしか
行ったことが無いのですが(空港のトランジットを含めれば別です)
フランスやイギリス、ドイツ、イタリアなどには是非行ってみたい
と思います。早めにチケットを取った方が良いんでしょうかね。
宿なども含めてしっかり計画しないとあっという間にお金を
使ってしまいそうです…。
posted by Jack at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年04月22日

留学生会議 in Trondheim この記事をはてなブックマークに登録

先週末はノルウェーの真ん中あたりに位置するTrondheim(トロンハイム)で
ISU(International Students' Union)という団体の会議に参加してきました。
日本で例えるなら、僕が住んでいるベルゲンが長崎だとすると、
トロンハイムは東京みたいな感じですね。良く分からない例えですが、
ノルウェーも日本も南北に細長いという点で共通しているので。

プログラムの日程は18日午前から20日の午後までの二泊三日で、朝は苦手なのに、眠気眼をこすりながら朝6時40分の便でトロンハイムへ直行しました。

ISUというのは、ノルウェーの留学生によって設立された団体で、ノルウェー全国に10を超える支部があります。
僕はベルゲン大学の学生によって構成されるISU Bergenという支部のメンバーの一人として参加しました。

ISUを僕が知ったきっかけは、去年の10月に参加したあるイベントでした。

International Food Competition
(国際料理競技大会とでも訳せるかな)
というイベントが行われるという張り紙が寮に貼ってあり、それには自分の出身の国の料理を作って振舞って欲しいという募集がありました。
20〜25人分を予算9000円くらいで作るというもので、材料費は出してくれるということでした。

丁度そのころはまだあまり他の日本人と交流が無かったし、
日本食を留学生の為に作ってあげたいけど、
お金が掛かるからなかなか難しいと思いあぐねていた最中でした。
なのでこれは絶好の機会だと思って
他の日本人学生を誘い即応募しました。

作った料理は寿司(握り寿司、巻き寿司)と肉じゃがとお好み焼きでした。
アジアンショップで運よくお好み焼きソースとかをゲット出来たので作れたんですが、詳しくはまた時間があるときに書きたいと思います。
その調理会場で主催のISUのメンバーに会って、ISUに興味があればと勧誘されて、連絡先を教えたのがきっかけでISUに参加することになったのです。

当初ISUがどんな活動をしているのか全く分からなかった僕は、
何度か会議に参加しましたが一向に全体像が掴めずにいました。

ISUが留学生の生活の質の向上や、サポートを目的としていることは
分かってきたのですが、1月から新しい学期が始まってからは
このまま続けるかどうか悩んでいました。

ISU Bergenのメンバーは8人くらいいるのですが、
いつも参加するのは僕を含めて4人でした(と言いつつ僕も何度か欠席しました)。

メンバー構成が少し特殊(少なくとも僕にとっては)でした。
というのも、半分がネパール人で、いつも参加するのは
ネパール人2人(どっちも男)とドイツ人1人(女)、
そして日本人の僕でした。リーダーはネパール人の1人がやっていました。

だから、最初は本当に戸惑いました。
今はそのようには思っていませんが、少なくとも始めは
怪しい団体なのかなと思ったりしました。もしメンバーの半分が
ネパール人じゃなかったとしたらそうは思わなかったかもしれません。
知らないうちに偏見、あるいは先入観を持っていたんだと思います。

腹立たしいことだし、情けなくもありますが、
やはりアジア系(と言っても東アジアに限られます)や
西欧系の人たちと比べると、アフリカ系の人や中東系、そして
その他のアジア系の人と会って話したりするのには少し抵抗があります。

これは今までの人生でそういう人と交流する機会が無かったことが
原因の一つとしてはあると思いますが、普通以上に警戒してしまうのです。

留学が始まってこっちに来てはじめのころも、
もしかしたら無意識的に西欧人を選んで交流してきたのかもしれないと、
今になって思い返してみて考えたりもします。

ただ、今ではアジア系の人々や、アフリカ系、
そして中東系の人々とも話す機会を持てたので、
以前よりは違和感無く接することが出来るようになったと思います。

話が大分逸れました。

トロンハイムでISU全体の会議があると聞いたときに、ISUのことを何も知らないのに参加しても良いのかなと思いましたが、交通費もISUで出してくれると聞いて、それなら出てみたいかなと思って参加を申し出ました。

そう、料理大会の時のように。

タダで観光が出来るようなものだし、これは行かない手は無い、そういう打算がありました。
で、結果的には行ってよかったです。
トロンハイムの街並みはとてもきれいだったし、いろんな人に会って話が出来たのが大きかった。

ISUのことも前よりずっと分かったし、もし行かなかったとしたら、トロンハイムに来ることも無く、ISUも辞めていただろうと思います。

天気はあまり良くなかったのですが、ノルウェーの学生に一番人気のある
学生街といわれるだけあり、すごく住みやすく勉強も楽しめるところだなと
思いました。

三日間のプログラムでは、それぞれの支部の紹介やプレゼン、他の学生団体のプレゼン、そしてそれ以外にもトロンハイムの教育機関や、ヨーロッパ全体の留学生のための団体によるプレゼンもありました。
それぞれのプレゼンでは活発に質問や意見交換がなされ、非常に勉強させられました。

僕はISUとしての役職は特に無く、
オブザーバー(観察者というか見学的な扱い)
としての参加だったので、ディスカッションのときなどは発言出来ませんでした。
実際には発言は出来たのですが、そもそもISUというのがどういう団体なのかを
先に理解するのが先だと思い、聞く側に徹しました。

参加者は本当に英語で自分の言いたいこと、考えていること、
そして分からないことをはっきりと発言しており、
これは見習いたいと思いました。中にはめちゃくちゃ聞き取りにくい英語を話す人
などもいましたけど。(東ティモールの人の英語が一番意味不明でした…)

楽しかったのはディスカッションの間に挟まれる休憩や食事で、その間にいろんな人に会ったりして、さまざまなことを話しました。

特に良く話したのがアジア系の人です。中国人、タイ人(正確にはノルウェー人のハーフ)、スリランカ人など。
全体で30人くらいいたんですが、西欧系は半分で他は世界各地から来ていました。

ボードーというもっと北にある大学のリーダーは日本人だったんですが、
今回は来てなかったです。事前にメールを交換したりして会えることを
ちょっと期待していたので残念でした。

中国人と言えば、以前大学一年生のときに宮崎で会った
中国人留学生と歴史問題などで口論になったことがあり(笑)、
ちゃんと話せるか不安だったんですが、
すごくオープンにいろんなことを話してくれて、
こちらも気兼ねなく接することが出来て良かったです。
向こうから日本人は中国のことをどう思ってるんだって
聞いてきたくらいなので、そこまで関係は悪くないかもしれません。

でもやっぱり中国に対して日本は良く思ってない部分っていうのもありますよね。
最近だと餃子の問題とか、ちょっと前の国立アトラクションとか。

あと折り紙は日本か中国のどっち発だみたいな話になったんですが、
どっちなんですかね。僕は日本だって言ったんですが、自信無いです。

そういえばタイ人の人はリア・ディゾンが好きだって言ってたなぁ(笑)

議論の内容で面白かったのが、トロンハイムだけでなく、
留学生の問題として、どうやって留学生がノルウェーならノルウェー人と
交流し、文化にとけ込んでいくのかというテーマです。

トロンハイムでは真剣にこの問題に対応しようとしており、
そこから考えさせられることがとても多かったです。

これは別にノルウェーに限ったことではありません。
この問題はそのまま日本にも当てはまります。特に日本では難しい問題です。

ノルウェーにいて思ったことの一つに、なかなかノルウェー人と交流する機会が
少ないという問題があります。特に大きな大学ではそうです。

言語の問題もあります。

これについては長くなりそうなのでまた今度書きたいと思います。

追記:ISUの公式サイトのリンクを張っておきます。(本文英語) International Students' Union of Norway 僕が今回出席したのは、そこに書いてある、National Assemblyです。
posted by Jack at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年04月06日

デザインを少し変えてみたの巻 この記事をはてなブックマークに登録

たまに襲ってくる

「ブログデザインをいじりたくなる衝動(!?)」

が来たのでちょこちょこデザインを変えてみました。

大きな変更点(テンプレートの変更)などは無いので
マイナーチェンジといった感じです。だからあんまり気付かない
と思います。こういうのは自己満足の世界ですから(笑)

変更点だけ言うと、

・はてなスター
・AddClips
・「はてなアンテナへ登録」ボタン
・「はてなRSSへ登録」ボタン
・その他少々

を実装しました。

以前いじった時にはてなブックマーク用のアイコンを
各エントリの右下に表示させるようにしていたんですが、
今回は更にはてなスターを付けられるようにしたり
(つけられるなら付けてみよう!という好奇心ですね^^ ※)
他のブックマーカーでも利用できるようにAddClipsというのを
使ってみたりしました。探せばいろんなサービスがあるもんですね。

HTML形式でデザインをカスタマイズ出来るブログサービスであれば
使えるので興味があればこの記事右下のアイコンのリンクから。


あとトップページのタイトルのところにはてなアンテナとRSSの
アイコンも付けました。結構はてなのサービスをこんな感じで
他のブログサービスにも使えるように出来るんですね。
じゃあはてなダイアリーに移ったほうが早いだろうと
言われるかもしれませんが、まだそんなに月日も経っていないし、
中々気に入っているのでseesaaで当分の間は書き続けると思います。

こういうことをしながらタグにも少しずつ慣れてきました。
(さっぱり分からない人には申し訳ないですが、読み飛ばしてもらえたらなと。)

ちょっとマニアックな話になってしまったので、今回はこの辺で。


※良かったらはてなスター、記念にぽちっと押してみてください。
ちゃんと機能しているかどうか分からないので(汗)続きを読む
posted by Jack at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。