2008年04月28日

学歴と学力 この記事をはてなブックマークに登録

前回、学歴は必要か?という質問についていろいろ書きましたが(参照
どうだったでしょうか。

学歴と学力の間には相関性があるということが事実としてあり、
何も努力をしないで就職活動をしたならば、
学歴で就活の結果に差がつくと言うのは当たり前です。
学歴は無くとも学力は必要なのです。

ではその事実を知ってどうするのか、これが最も大事なことです。
頭を使ってどうすれば良いのかを是非考えてみてください。
もし一流大学の学生と同じ努力しかしないのならば結果が見えている。
この事実に対してどのような対応を取れば良いのか。

また、学歴によって全てが決まるというようなことを
もし学生が言っているなら疑って掛かる方が良いでしょう。
一流大学の学生で、早くからそうじゃない学生が戦線離脱することを
願っているのかもしれません。(邪推ですが 笑)

また、前回言い忘れたことがあったので追加しますが、
一流大学であるほど、OB・OGとのネットワークがあり(特に大手企業)、
その分学生が大手企業へアプローチしやすいというのがあると思います。
(難しい言葉で言うと経路依存性:昔は今以上に学歴至上主義で、
そうした流れで今も因習的に選考が行われているということ)

更に、一流大学であるほど学生の就活に対する意識が高く、
その流れが低学年の学生にも伝わりやすいというのがあるのでしょう。
つまりその流れ(先輩から後輩への就活に関する情報などの流れ)が
あるか無いかで大きな差が出てくるんだろうと僕は考えます。

前のエントリのコメントにも書きましたが、
では学力がなぜ仕事に必要なのかという問いについても、
敢えて今回は僕の回答を書かないので、各自で理由を考えてみてください。
これという正解はありません。
自由に考えて、発言してください。ご意見お待ちしています。


学歴と学力について考えたとき、こんなエントリが。
“ 学歴 ” と、“ 学力 ”(遊んで、学んで、愉しい毎日♪より)
以下ざっくりと要約:
テレビ東京“カンブリア宮殿”での、産業再生機構のトップの方々、3名による話。
会社にとって一番重要で、手入れの必要なものは、『人材』だと言う。
『人材』に望む要素は、“学歴ではなく、学力”だそうだ。
夫も最近しきりにそれを言う。夫の会社には、それこそ普通に
東大・京大・大学院卒、、、がゴロゴロ。夫は30代後半。 
同期や先輩・後輩、を見回しても、出世に差が出始めている。
で、先頭を走るのは、必ずしも、東大・京大卒 ではないのだそうだ。
バブル時期、学生の売り手市場だった頃はどの企業も手当たり次第
高学歴者を集めたようだけれど、今は、企業がじっくり人材を選別できる時代。
では昨日の方々が言う『学歴より、学力』は、どうやって見極めるのか?
『高学歴者の中から、本当の学力を持つものを見極める』のではないか?
まず、‘学歴ありき’。でないと、あまりに対象範囲が広すぎる。
何のふるいもかけない状態から、‘学力’ が高い人材を見つけ出すのは至難の業。
でも、夫(建築士)は、「今の社会は、もう、学歴じゃないんだよな・・・」
と、しきりに言う。
でも、自分の将来の道を、“たくさんの選択肢の中から選べる立場”に立つには、
それなりの学歴を持っておかなければ始まらないんじゃないか?
“ 学歴より、学力 ”
本当に難しい言葉だ。

文章の味を削いでしまいましたが、このような話。
コメント欄には出演者本人のコメントが来ていたりして面白いので、
後で読んでみてくださっても良いと思います。

学歴が保険として存在するのは否定できない事実です。
名刺のようなものです。無名大学よりは、東大と言う方が
インパクトがありますよね。

つまり、冷静に考えてみても、既に大学に入った時点で
ハンデがあるというのは確かなのでしょう。

例えば採用側から考えてみると分かるかもしれません。
100人という募集に3000千人の募集が来ているとする。
全ての人間の学力をしっかりと精査する時間的余裕は無い。

例えばそこで学歴フィルターを使ってみましょう。
今、100人を選ぶために3000件の候補があります。
高学歴フィルター(旧帝大、早慶上智、関関同立)を使うと、
500件まで絞り込むことが出来ます。

つまりそういうことですよね。


ハンデがあるということはこの際否定しても仕方がありません。
しかしそれは次第に決定的なものでは無くなっているとも言えます。
その上でどのように行動するかが大事なのでしょう。

もし書類選考、筆記試験で落とされてしまうなら
そうされないように最大限の努力をしなければならないし、
アピール出来るような経験を意識的に探して行うというのも
一つの手ではあるでしょう。

一流大学にいる学生であっても努力していない学生なんて
いくらでもいます。彼らに負けないように準備をすれば良いのです。
決定的なハンデでないなら、何とか対処できるでしょう。

そして以前にも書きましたが、就職活動が全てではありません。

あまりにも就活に集中しすぎて、その後のことを考えないのは
まずいです。これについては以前のエントリを参照ください。



追記:学歴について教えて!gooにも質問があったので参考にしていただければ。

大学名は大事でしょうか?
posted by Jack at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職・インターンシップ・大学院 | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94923039

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。