2008年04月26日

学歴は就職に必要か この記事をはてなブックマークに登録

就職活動については以前から少しずつ考えているんですが、
今回からはちょっとずつ実践的、あるいはあるテーマにしぼって
考えてみたいと思います。

就職活動についていろいろと書いて発信していきますので、
出来れば僕が提示した話題について意見や感想いただければ嬉しいです。
そうやってみなさんとどんどん考えを深めていければ良いなと思っています。


みんなの就職活動日記というのを知っていますか?
会員登録すれば、さまざまな掲示板を読むことができ、
そこでは就職活動を控えた学生や、既に内定を取った学生、
そして社会人が活発に話し合いをしています。

ところで試しに商社のトピックを遡って読んでいたのですが、
頻繁に聞かれる質問が二つありました。
それは語学力は必要かどうか(TOEIC高得点など)、
そして学歴は関係してくるのかという二つです。

今回は、全般に関係している学歴について考えたいと思います。


就職活動に学歴が関係してくるのか?

答えはYESでもあり、NOでもあります。


あなたが採用する側に立ってみてください。
あなたは能力が高い(ポテンシャルを含む)人間を多く採用したいとします。
そうすると、一つの指標として学力が挙げられます。では問題です。

高卒の人間と、大卒の人間どちらの方が学力が高いでしょうか?

答えは簡単に出るはずです(笑)大卒ですね。
もちろん高卒の人間でも探せばいくらでも学力の高い人間はいます。
しかし単純な確率で言えば大卒の方がはるかに学力が高い人間の割合が高いでしょう。

これと同じことが大学間でも言えます。
大抵の場合、例えば就職活動で用いられる
学力テスト(SPI2やCAB、GABなど※)の平均点は、
大学の偏差値と比例するのではないでしょうか。

なので、あなたが採用側で、優秀な人間を採用したいなら、
学力が高い人間を選ぼうとするというのは一つの選択肢なはずです。
そして有名大学を選ぶというのは、安全な方法だとも言えるでしょう。
なのでその意味ではYESです。あまり能力に差が見られない学生2人
から1人を選ぶとしたら、良い大学の学生を選んだ方が無難というのも
あります。人事部にはそういう考えもあるのかなと思ったりします。


ではもしあなたが一流大学出身では無いとしたら、どう考えますか。
一流大学で無いというだけの理由で採用される見込みが無いと諦めますか。

ですが諦めるのはまだ早い。
少なくとも一流大学じゃないからと言って門前払いされるような企業は少ないし、
これからも減っていくでしょう。その意味では学歴は関係ない。
あるいは正確には学歴で全てが決まらない。つまりNOです。

一流大学出身の学生がより多く採用されるというのは事実です。
これは間違いありません。ではその理由はなんでしょうか。
これを「一流大学出身だから」と安直に考えては思考停止です。

本来はそうでは無く、学力、あるいは能力が高い学生が一流大学に多いから

というのが理由だと考えるのが妥当なのではないでしょうか。
例えば大学入学時にセンター試験で800点だったAさんと600点だったBさんでは、
就活の筆記試験でAさんの方が高得点を取る確率が高いはずです。



ところで、学歴が必要か?という質問をする人間が、
その答えによって何を求めているのかを考えることも意味があります。

もしYESだと言われたら、ああ、やっぱりそうなのかと思って諦めるのでしょうか。
それともNOだと言われてそんなことはやっぱり無いよねと安心したいのでしょうか。
どちらも間違った期待ですよね。

掲示板に学歴は必要なんですか?という書き込みをする学生が
その質問によってどのような解答を必要としているのか、
はっきり言ってそもそもこの問いはあまり良い問いではないのでしょう。

それならどうするか。

一流大学の学生と、そうでない学生の学力の差というのはあります。
だからと言って、それは追いつくことが出来ない差では決してありません。
だからこそ、一流大学でない大学の学生は、一流大の学生を追い越す勢いで
努力をしなければ勝ち目は無いでしょう。

学歴の壁があると聞いて、初めから中堅企業に狙いをシフトするのでは無く、
筆記試験でトップ通過するくらいの意気込みで猛烈に就活の準備を
するべきなのではないでしょうか。

もちろんここで言っているのは筆記試験だけであって、
筆記試験以上に面接が大切です。しかし、筆記で落ちてしまうようでは、
競争も何もありません。もしそこで一流大学の学生に負けるのだとしたら、
負けないように準備すれば良いだけのことです。

最初から可能性を自ら狭めるのは勿体無いと思います。
本当に大手を狙いたい、そして大手に自分が求めているものがあると考えるなら、
そのために出来る最大限の努力をするべきなのではないでしょうか。





※SPI2やCAB、GABなどについては、以下のリンクが詳しい。(日経ナビ2009より)

筆記試験の代表格・SPI2

SPI2以外の筆記試験
posted by Jack at 00:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 就職・インターンシップ・大学院 | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
上のようなことを考えているときに、
ある人から聞かれた質問があります。

なぜ仕事には学力が必要なのか。

あえてここでは僕の回答は書きませんが、
重要なことだと思うので、みなさんも
考えてみてください。
Posted by Jack at 2008年04月27日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。