2008年02月13日

子供をロボットが世話する時代は来るのか? この記事をはてなブックマークに登録

以前紹介した

Scandinavian Welfare Model and Gender Relations;
スカンディナビアの福祉モデルとジェンダーの関係

授業では今回から担当の新しい先生で、
彼女の専門である、「介護」(care)について扱いました。

介護といってもかなり幅広い定義で、
ある人が他者(多くの場合は援助を必要としている)に対して
差し伸べる助けのことです。

具体的に扱うのは、主に他者の援助が無しに自立的生活が行えない者
に対する介護であり、障害者、高齢者、乳幼児が対象です。

講義の内容を追うのも良いのですが、
今回は面白かった部分について書いていこうと思います。


従来、多くの社会で介護は女性が行うものでした。

介護は大変負担のある仕事ですが、無償で妻が行ったり、
安い賃金で女性が行ってきたのです。

そこには男女間での分業が存在し、
女性の賃金は男性のそれよりも相対的に低い状況でした。
例えば医者は男性の仕事で、看護師は女性の仕事というようにです。
これは今も変わりませんし、従来使われてきた看護婦という言葉が
明示する通りです。

市場にとって女性は男性よりも安価な労働力だった訳です。

しかし女性の社会進出が進められると、男女間の賃金差が
縮小します。これが特に進んでいるのが北欧諸国なんですね。

では介護に対する報酬はどうか。

未だに低水準のままなのです。
重労働低報酬下で働きたい人は少ないですよね。

その為介護に従事する労働者が減るんです。これは日本でも
同じような現象が起きていると思います。

でも高齢者は増えるばかりだから、介護に従事する労働者が
更に必要となる。どうするのか。

海外から労働者を引っ張ってくるんです。

経済的に未発達な国から先進国に出稼ぎに来るように、
彼らにとって、例えばノルウェーにおける低賃金は十分な
収入になる訳です。だから割の合わない仕事でも引き受けてくれるのです。

従来介護の領域で働いてきたのが女性だったわけですが、
先生はこれを第一世代と言い、海外労働者達のことを第二世代と
呼びました。

日本の場合だと、フィリピンから介護などに従事する労働者を
受け入れるような議論がされていた気がします。
北欧では主に中東やアフリカ系が多いようです。

だから今現在は第一世代から第二世代へと移行しつつ
あるんですね。多くの国で。


では更に考えて次の世代はどうなるんだろうという疑問が。

先生はロボットかもしれない、

と言っていました。高齢者の介護なんかで、ロボットが
話しかけたりするような光景をイメージしてごらん、
と冗談で言ってたんですけど、ノルウェーでは
どうやらそういう議論もあるみたいですね。

例えばこれのこと言ってるのかなと思ったり。
ノルウェーは今後5〜10年のうちに、医療福祉関連の人員不足が深刻化する見通し。2020年には第二次世界大戦後に生まれた「ベビーブーマー」世代の大量退職で危機的状況を迎える。

 こうした中、高齢者介護の助けとなるロボットなどのハイテク装置開発を目指し、2つの労働者団体が手を組んだ。

 「テクノロジーは今後も、医療分野で労働者が抱える問題の一部解決に貢献するだろう。さらに、自宅で長生きする手助けもしてくれるかもしれない」。ノルウェーの自治体代表グループの責任者、オラフ・ウレレン氏はこう話す。(高齢者介護のヘルパーロボット、ノルウェーで開発へ:参照


高齢者介護を担う労働力として機械を導入しようと。
人間よりもはるかに低コストです。
(機械の導入にかなりのコストがかかるので単純に比較は出来ませんが)。

もちろんばかげてるとか、高齢者を機械に任せるなんてけしからん!
という反論が来ると思いますが、これに対しては、
ウレレン氏によると、新技術の目的は、人的介護と優しさの代替を提供することではなく、介護者を増やせない状況で、追加的な支援を提供することだという。

 「誰でもできるだけ長い間、自分の面倒は自分で見たいものだ。目的は、高齢者介護の責任を取り除くことではない。ただもう1つ新たな次元が加わるにすぎない」と同氏は言い、家事にハイテク機器を使えば、人による介護にもっと心がこめられるだろうと説明した。(引用元同上)

という説明がなされています。

現実的な話をすると、このロボットというのも日本人がイメージしやすい
ドラえもんのような人型ロボット(猫型ロボットだっけ 笑)
ではなく、より今の家電に近いものだと思います。

掃除機でも勝手に動いて掃除するやつとか既に出てますからね。
そういった介護に必要なある一つのタスクをロボットで代替する、
あるいは被介護者の自立を促す手助けをする、
というのがこの記事の話なのでしょう。

少し調べてみると、手を自由に動かせない人のための食事補助
のような機械(参照)が既に実用化されているようです。


では育児(child care)はどうでしょうか。
高齢者の介護が家庭内で行われることが少なくなってきている今、
育児が家族内での介護の最後の砦なわけです。

育児も介護と同様に母親が中心的な役割を
担ってきたことには変わりはありません。

もし高齢者など育児以外の介護の場合のように、
女性(乳母を含む)⇒海外労働者のような流れがあるとしたら、
ロボットが育児に従事するようになる可能性もあるのかもしれません・・・。


個人的にはあまり想像したくありませんね。
やはり育児は家庭で行うのが理想でしょう。


育児はどうあるべきかというような問いにもつながって
来るでしょうが、福祉社会では育児をどのように捉えるのか、
それをもう少し詳しく考えたいです。




posted by Jack at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・学問 | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83894081

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。