2007年12月10日

科学というオブラート この記事をはてなブックマークに登録

以前、「覚えておきたい、ニセ科学リスト」という記事を読んだことがあります。
そのリストに挙げられているものとして、
例えばマイナスイオンやゲルマニウムなどがあります。

このリストを見て、
ああ確かにそんなのもあったな、と思うのがあれば、
あれこれはニセ科学として切って捨てていいものなのかな、
と感じるものまでありました。

そういえば結構そういうものって健康ブームと相まって
かなりいろいろあるんじゃないかなとも思います。

例えばマイナスイオンに関して上の記事では、
マイナスイオン:
そもそも言葉としての実体がない。負の電荷を持つイオンは陰イオン、あるいはアニオン。

仮に陰イオンのことだとしても、体に良いなどとする根拠が科学的に立証されたことはない。

最近はメーカもニセ科学呼ばわりを警戒しているのか、マイナスの部分を適当に言い替えていることが多い(例:nanoeイオン)。

とあります。陰イオンというのは化学でやったように、
電子を授受して結果的に電荷的に負になっている原子や分子を指します。

しかしその陰イオンをマイナスイオンが指すとしても、
それが健康に良いという科学的な実証はされていないということです。
でもマイナスイオンが出るという商品って探せば今でもかなりあるので
はないでしょうか。マイナスイオンの出るドライヤーとか(笑)
そういえば確か実家にあるドライヤーもそういうのだった気がします。


以上余談でしたが、このようなニセ科学というのが実は
身近なところに存在しており、時にはそれによって被害を
受けることもあるので、放っておくわけにはいかないというのが現状
のようです。

ニセ科学の他に疑似科学という名称もあり、
その使い分けは分からなかったのですが、
Wikipediaによると(参考程度で。)
疑似科学:
学問、学説、理論、知識、研究等のうち、その主唱者や研究者が科学であると主張したり科学であるように見せかけたりしていながら、科学の要件として広く認められている条件(科学的方法)を十分に満たしていないものを言う。

日本語では、「科学ではない」ということをはっきりさせるために、ニセ科学あるいはエセ科学という語を用いる人もいる。

ということで、ニセ科学というのは、
科学的な根拠に基づいていないということを前面に押し出した言葉
だと言っても良いのかもしれません。
しかし用法的にはそこまで両者に変わりはないように思います。


では本題に入るとしましょう。
そしてこの記事を直接書くきっかけとなったのが、
極東ブログの二つの連続した記事でした。

[書評]わたしたちはなぜ「科学」にだまされるのか(ロバート.L.パーク)
[書評]わたしたちはなぜ「科学」にだまされるのか(ロバート.L.パーク) その2

僕はこの本を読んだことが無いのですが、
原題がVoodoo Science(魔術的な科学)で、
ニセ科学だと思われるものを著者が切っていくというものだそうです。
だから先に挙げた記事と同じ趣旨な訳です。(扱う対象は違いますが)

最初の記事で、そのレビューというか、本の内容に触れつつ
リズム良く独特な運びでおもしろおかしく書いていくわけです。
(あまりブログ世界に詳しくないので何を言ってるのか分からない
ところもありましたが…。)

その感想的にはこの本を結局批判しているのかなと思いきや
続く記事ではこの本は良書だと言っています。

つまり最初の記事ではこの本をもともと好意を持って
扱っていて、ユーモアで少しつっこんでみたりしたということでしょうか。
まだ読みが浅いのかなって(笑)まだまだです。


一つめの記事の最後でにある言葉が、
なんだかよくわからないのだが、やけくそで雑駁な印象を言うと、偽科学を問題にしている人って、なんか偽科学と同じような臭気を放つという点でそれほど変わらないような気がする。

です。

これについては、ある物をニセ科学だと言い切るのは、例えば
マイナスイオンが体に良いという言説と同じレベルになってしまう
可能性があるということなら確かにそうかもしれません。

そして二つ目の記事でこれをさらに進めて、一つの考えが出てきます。
単純な話、これが偽科学のリストですよぉみたいのを信じちゃったら偽科学への対応と同じ盲信だし、そのリストが微妙にイデオロギー的な偽科学を排除していたら、変でないのと思うしかない。

つまりこれはあるニセ科学を本物だと言われて「信じる」のと、
これはニセ科学だと言われて「信じる」のは同じことだということです。

finalventさん(極東ブログの著者)の意図を上手く汲み取れているか
自信がありませんが、ここで信じるではなく「信じる」とした理由を
さらに説明していこうと思います。

これは一般論にしていいかどうか分からないのですが、
僕は科学=客観的、あるいは正しい、というイメージを持っています。

上手く言葉で説明出来ませんが、科学は万能だとか、
世界を解明するための最も優れた道具だなんていう考えです。
ある物事を判断するときに、科学的に正しいのかどうかという事が
最も重要なCriterion(判断基準)であると言えるかもしれません。

なので、マイナスイオンなんていうのであっても、
例えばテレビで科学的にその効果が実証されたみたいな
雰囲気があれば(厳密に判断する程科学的な知識が十分にない
というのもありますが…)そうだと「信じて」しまうということです。

そこには科学への盲信性があるのではないでしょうか。

だから、逆にこれがニセ科学だという主張が科学的であれば、
あるいは、科学的根拠に基づいているように見えさえすれば、
そうなんだと「信じて」しまうということでもあります。

これが上で引用した考えの背後にあるのだと思います。


だからこそ、その盲信性を意識することが必要なのではないでしょうか。
科学は絶対だというのが深層意識にしみこんでいるというか。
科学的だということに対し、そこで思考が停止してしまう恐れがある
ような気がします。

そして、科学的な言説にだってイデオロギーは存在するということを
忘れてはならないように思います。そのイデオロギーについて考える
以前に科学的であるというだけで「信じる」ことがあってはならないのです。

科学は初めにこうあるべきだという理論を立て、
実験や観察などの検証を通してその正しさを証明します。
(この定義は少し曖昧かもしれませんが。)

そのためまずはこうなるべきだという説、
つまりイデオロギーがあるのではないでしょうか。
そしてそのイデオロギーの正しさを科学を担保にして主張する。

そして科学への盲信性によって、科学がイデオロギーに
オブラートをかけていることに気づかない。
つなわち、科学への盲信性があると、科学の背後にあるイデオロギーが
見えなくなってしまう可能性があるのではないでしょうか。



丁度最初の記事の方で地球温暖化説について本から引用しているので、
本来ならここはスルーするべきかもしれませんが、少し触れてみたい
と思います。(具体例にもなるかもしれないので。)
「異論を仮に思ってもブログとかで言わないほうがよさげな話題リストの一項目」と書いてあるように、すごく難しい問題です。


孫引きになりますが、パーク氏は地球温暖化説について
科学者の見解が多岐に渡っていることについて、
すべての科学者が科学的なやり方に信頼をおき、おなじ観測データを入手しているのに、なぜこれほど科学者のあいだで意見のくいちがいがあるのだろう? 気候論争が物理の法則で解決できるなら、意見の相違はないはずだ。では、くいちがう理由はどこにあるのか? どうやら、科学的な事実、科学的な法則、科学的な手法とはあまり関係がないようだ。

ここまで言い切ってるのは、一瞬あれ?と思います。

「気候論争が物理の法則で解決できるのなら」とありますが、
解決出来ていないのが現状だと思います。だから仮定が違うかと。
気候システムの全容が科学的にまだ解明されていないために、
いくつかのファクターを考え、その関連性を検討しなければ
ならず、そこで相違が出てくる。結論は同じですが。

ですが、解決できないことで相違が生じ、
そこに解釈の余地が出てくるのではないでしょうか。
もちろん科学的なものと関係ないというのは言いすぎかもしれませんが、
気候システムの全容が分からないために、その全容を捉える上で
そこにイデオロギーというか、こうあるべきだという考えがあるのではないか、
つまりパーク氏に言わせるなら、政治的、あるいは宗教的な考え方が
含まれるのではないかということです。

これについては僕は一理あるんじゃないかと考えています。
モチベーションとしてそういうものがあるのではないかということでも
あります。

もちろんIPCC(気候変動に関する政府間パネル)はあらゆるファクター、
可能性を考慮しており、その上で温室効果ガスが増加しており、
温暖化の原因は人為によるものである可能性が極めて高いとレポート
しているのです。それについて科学者でない者が口を出す余地は
ありません。

温暖化という傾向は存在する。そしてそれは人為的な可能性が高い。
では更に進めて、今後どのような対策を取るのが最も適切なのか
という問いについてはまだ議論されています。一方では二酸化炭素
排出を削減する事で温室効果ガスを減らすのが最も効果的だとする
意見があり、また他方では人間に出来る対応策は何も無い
という意見もあるようです。

そこには持続的な発展という指標があったり、様々な思惑が絡み、
イデオロギーが入る余地はあるのではないか、と考えています。
例えIPCCのレポートが科学者達によって作成されているとしても、
彼らに政治的、あるいは宗教的な考えが無いとは言えません。


そして、だからこそ科学的にこれこれだと言われて
それを「信じる」のではなく、その背後にあるかもしれない
イデオロギーについても見極める必要があるんじゃないかな
とも思うわけです。


温暖化問題を例にしたのは微妙だったかもしれませんが、
科学が客観的、公平であるという考えからくる盲信性について
意識するのは、ニセ科学などを考える上で必要ではないでしょうか。

(あとは科学的な知識を自ら身につけて科学を装うニセ科学を
 見破るという方法があると思いますが。)
posted by Jack at 09:53 | Comment(3) | TrackBack(5) | 時事・社会 | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
冷静なスタンスからの書き込みにつられて参りました。

私はニセ科学批判の一環でマイナスイオンのいかがわしさを突き止めようとし、ドライヤーについて調べだしたら、「悪い評判がない」という意外な事実にぶち当たり、調べれば調べるほど、実はちゃんとした効果があるんじゃないかと戸惑いを覚えている者です。ちなみにノルウェーの家電量販店で売っているドライヤーはどれくらいがマイナスイオンタイプでしょうか。おそらく半分はそうなっているでしょう。

ニセ科学関連のテーマは、二分法で簡単に割り切れないところがずいぶんとあるのですが、いまのニセ科学批判は科学的な検証を抜きにした決め付けをするので要注意です。ご指摘の「臭気」はそのあたり、つまり批判するからには科学的な根拠を提示すべきなのにそれを怠っている点から発生しています。例のニセ科学リストはその象徴で、参考程度にしかなりません。あの程度の説明を有難がる人たちは、ニセ科学に騙される人たちとほとんど重なると思います。

私の名前で検索すると、いろんな情報が出てきます。もし、この議論にご関心があれば、またうかがいます。それでは。
Posted by SSFS at 2007年12月11日 00:44
SSFSさん、どうもコメントありがとうございます。

マイナスイオン等の議論を少し読ませていただきました。
マイナスイオンの効果については、正直良く分かりませんが、科学的にマイナスイオンの効果が実証されたというのは聞いた事が無いです。
マイナスイオンドライヤーについてもマイナスイオンによる効果が果たしてあるのかには疑問です。
ただ、実際にそこまで効果があるか無いかにはこだわっていないというのも正直なところですね。効果が無くてもそれによって被害を受けたりはしないので。
もしマイナスイオンを謳って悪質な商売があるとすれば、それについてはしっかりと検証しなければならないとは思いますけど。
ノルウェー語の説明が読めないので、何と書いてあるのか分かりませんが(苦笑)、僕が使ってるドライヤーはイオン的な表示は無いです。今度機会があればお店でチェックしてみたいと思います。

確かに仰るようにニセ科学かそうでないかを明らかにする、つまり白黒を付けるのが難しいというのもあったりするし、それを一般人が判断する際にも注意が必要だと思います。
それについては、まず主張が本当に科学的であるのかを見極め、もしそうである場合、だからと言って鵜呑みにせず、それを信じることによって被害を受けないように注意するという、二段の心構えが必要なのかもしれません。

僕は科学者では無いので、直接科学かニセ科学かを判断するのは非常に難しい(不可能ではありませんが、しっかりと勉強する覚悟が無いのが現実ですね…。)ため、僕に出来ることをしたいと思います。
Posted by From管理人 at 2007年12月11日 09:50
大変申し訳ありませんが、
他所からのコメント引用以上の内容が
ない場合や、コメントの意図が伝わってこないと判断した場合は、無断でコメントを削除させていただきます。
どうぞご理解ください。
Posted by From管理人 at 2007年12月15日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

信頼と盲信にまつわるあれこれ
Excerpt: Jackさんの科学というオブラートと云うエントリを読んだ。少し前に触れたFinalventさんのエントリに触発されて書かれたもののようだ。 いちおう、ブログになにか書くと云うことは、表通りに言説を..
Weblog: Chromeplated Rat
Tracked: 2007-12-11 22:08

ニセ科学批判批判の役割
Excerpt: 「ニセ科学」と「ニセ科学批判」の対立・争点は科学ではない、イデオロギーの対立であることを明らかにすること。その対立のニセ科学性を暴くこと。それが「ニセ科学批判」批判である。 関連エントリー:科学的な..
Weblog: 室井健亮の憂言記
Tracked: 2007-12-12 00:09

重要(短い引用のみ)
Excerpt: 原罪とは人間の認識や行為は全て間違いだという観念です。可謬性(誤ることもある)ではなく必謬性(必ず誤る)です。 まもなく『挑発する知』文庫版が筑摩書房から出ます! - MIYADAI.com Blo..
Weblog: 室井健亮の憂言記
Tracked: 2007-12-14 09:36

ニセ科学批判派のご宣託(引用)
Excerpt: ○○は科学的事実であると社会的に誤解されている、ということを検証したデータなりが存在しているのですか?私の議論は印象レベルですが、貴方の議論がそうではないと言うのならば、その論拠をご提示ください。 ..
Weblog: 室井健亮の憂言記
Tracked: 2007-12-22 21:31


Excerpt: GHG)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより温室効果をもたらす気体の総称である。水蒸気、対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当し、その中で最も温室効果をもたら..
Weblog: 環境用語
Tracked: 2008-02-03 06:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。