2007年11月17日

金八先生 第六話「自己主張は金髪で」 この記事をはてなブックマークに登録

金八先生第六話観ました。
今回は何となく素直に響いてこない回でした。

単に理解出来ていないということもあるのかも
しれません。

気になったのが、
自殺しようとしている人を説得して止めさせようという
シュミレーションを教室でやったんですが、最後の一組
以外はみんな失敗。引き止めることが出来ませんでした。
これは自殺抑止ロールプレイングと言って実際に授業に
組み込まれている学校もあるそうです。

それに対し金八先生が内容を振り返ろうということに
なって、失敗したどの組でも、説得する言葉が相手に
届かなかった、つまり心に響かなかったというんです。

なぜ届かなかったのかという問いに対し、
金八先生が答えたのは、それが頭で考えた言葉であるからだ
ということ。
例えば、「あなたが死んだら両親がきっと悲しむよ」という言葉。
これでは今から死のうとしている人を思い留まらせられませんでした。

そして本当に相手の心に響くのは身体から発せられた言葉である
と言います。

頭で考えた言葉と身体から出た言葉。

僕自体はこの話を聞いてすぐになるほどな
という気がしませんでした。

それは僕が単に納得出来るだけの
経験が無かったのかもしれませんが、
もしかしたら金八先生の言葉自体が身体から出ていなかった
からなのかもしれないと少し思いました。

何となく説得力が無い感じがしました。
それは僕が普段と少し違う調子だったからかも
しれないのですが、虚ろに聞こえたのです。


俳優の発する言葉。

それは心に響く言葉なのだろうか。

もちろん映画などを観ていても
ずしんと来る言葉はあります。
でもそれってどうしてなのかは分かりません。


以前映画『ゲド戦記』に対する原作者の
メッセージ(独白に近い)を読んだことがあります。

それによると、登場人物の発する言葉が響かないと言っていました。
これはなぜかと言うと、原作中に出てくる言葉の中の金言のような
ものを選び出したのは良いが、その言葉にキャラクターの実感が
こもっていないとのことでした。つまりその言葉が生まれるまでの
キャラクターの体験や経験が無視されているということです。
コンテクスト(文脈)の欠如ということでしょうか。

もちろん演技者の力量が必要ですが、
その言葉が「リアルであること」がまずは前提にあるということです。


自分の言葉を発する、

ということを考えたときに、金八先生の言うように
頭で考えたことだけでは相手に響かない。
身体から発しなければならないのだとするなら、
これからはもう少し自分の言葉にこだわってみようと思いました。


自殺しようとしている役になったミカですが、
説得に対し、死後の世界があると言う風に答えました。

後で先生がそれぞれのシュミレーションに対し
点数をつけていったのですがミカのグループは
「死後の世界がある」というのは、他人からもらった言葉
だということで0点でした。

それに対し、ミカは、

「どうしてテストでも無いのに点数をつけるんですか」

と問いかけました。そうすると、先生が、

「なぜなら先生だからです」

と答えたのです。


これについてミカは口をつぐんだままシーンが途切れたので
これからどうなるのか分かりませんが、
この言葉に対しても素直に受け止めることは出来ませんでした。

後から理由が示されるかもしれないので
次回に期待ですが、これも「響かなかった」気がします。


サトケンはまだ心を閉ざしたままです。
次回はまたひと波乱あるような気がします。

最初の回のうちににらんでいた
金八先生からの教師へのメッセージですが、
最近はあまり出てこないのであまり大きなものでは
ないかもしれません。

しかし次回は幸作が登場して…。
案外読みははずれていないのかも。
posted by Jack at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 批評〜書籍・映画・ドラマ〜 | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。