2009年05月20日

留学後記 この記事をはてなブックマークに登録

1年の留学が終わり、丁度1年が経とうとしています。
良い機会なので、留学について振り返ってみようと思い
文章に起こして見ました。



中学時代は本当に英語が苦手だった。
もちろん勉強するやる気はあるにはあったんだけど
テストでは良い点が取れないし、答えを丸暗記するレベルだった。
だけど、その頃からか海外に漠然とした興味を持っていた気がする。
映画(洋画)を良く観ていたからかもしれないし、
小さい頃に読んだ伝記や、遠き落日(野口英世の一生を描いた映画)が
影響を与えたのかもしれない。
とにかく、その頃はいろんな人の話が聞きたいと思っていて、
海外に行けば日本では会えないような人とたくさん話せるという
わくわく感があったような気がする。

だから、一年間の留学が義務で、大学を出るころには
生きた英語を身につけられると謳っていたAIUに興味を持ったのは
当然だったのだろう。
実際に留学に行く段となり、どこに行こうかを考えたときに
僕はヨーロッパに行こうと思った。
やはり欧米文化というか、西洋文化の発祥はヨーロッパであるし、
少なからず日本に対して影響を与えており、
国際社会の中で大きな位置を占めているのだから、
実際にヨーロッパをこの眼で見たいという思いは強かった。
決して欧州の文化が進んでいるという思いは無かったから、
明治時代の侍とは違う考えだったけれど、
欧州の歴史の重みを感じてみたかったのだ。

さて、実際に留学を終えてみてどうだったかと言うと、
頭の中の世界が広がったというのは間違いないと思う。
真白な地図に自分が行った所を書き込んでいくイメージ。
日本以外にヨーロッパが新たに自分の地図に書き加えられたような感じだ。
テレビで見たより、そして本で読んだよりもずっとリアリティがある。
想像力を働かせて、脳内でヨーロッパをイメージ出来るようになった。
しかもそれは映像だけでは無くて、味、音、匂い、
肌で感じられる風までも含まれていて、その分ずっとリアルなのだ。

自分の想像力が足りないからなのかもしれないが、
正直実際に海外に行ってみるまで本当に日本以外の国が
存在するのか確信が無かった。
そんなバカなと思うかもしれないけれど、
ヨーロッパを列車で回ってみて初めて、
ヨーロッパ大陸がこんなにも広大で、
それぞれの国が陸続きになっているということが分かったのだ。
そして、新聞の記事を読んでいてヨーロッパの事が書いてあると
つい目が止まり、今どんなことが起こっているのか知りたくなる。
そして遠いけれど近い欧州に思いを馳せる。
それは留学前には考えられなかったことだと思う。
その意味で僕のアンテナはいくつも増えた訳だ。

「世界」なんてはっきり言って自分が想像できる範囲でしか語れないし、
国際社会と言っても自分が知らない国のことは
正直真剣に考えられないのかなと最近は良く思う。
想像力を存分に働かせれば、きっと行ったことのない国についても
少しは考えられるかもしれないけれど、それにだって限界がある。
だとしても、想像力を高める必要があるのではないか。
少しでも心の中の地図を埋める努力をすることが必要なのではないか。
そうじゃないと、日本を超えた枠組みで物事を考えることが出来ないし、
そもそも今ある自分の周りの狭い周囲にまでしか
思いを至らせることが出来ないと思う。
自分が今いる地図の一点から少しでも遠い点を取って、
そこから線を引こう。

自分の「世界」を突き破るために。
posted by Jack at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・語学 | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。