2009年05月18日

働くとは この記事をはてなブックマークに登録

前に『働く理由』(ディスカヴァー21)という本を買ったので、
それについての感想を今さらながら書いてみます。

昨日の雑想はこれから徐々にほぐして考えていけたらなと思います。
あれらが自分の根っこにある関心なんですよね。最近の。

筆者の戸田智弘は、働くということを、

「働く」=「お金」+「やりがい」

と定義しています。
これ自体はなるほどなと思いますが、
このやりがいというのをもうちょっと具体的に考えたいと思います。

自分がどんな時にやりがいを感じるかというと、
おそらく社会に対して自分が何らかの関係を確立出来たときだと思うんです。
これは前回の日記でも少し触れました。

つまり、自分→世間→社会→世界というつながりの中で、
自分の立ち位置を正確に把握でき、それを維持できること。
それがやりがいを感じさせるのではないかと。

その意味では、逆に自分と世界はどのようにつながっているのか
そういうことを意識させてくれる行為が仕事なのだということも出来ます。

なので仕事という言葉は、単に職場に勤めることだけに関わらず、
世界と自分の関係を構築する行為は全て仕事だということも出来るかもしれません。

そして関係を築くのであれば、なるべく自分独自の関係を築く方が良いですよね。
独自の関係を築くという意味では、やはり自分が主体的に世界に関わることが出来る
仕事の方がやりがいを感じるのでしょう。


この本はいろいろな引用で成り立っているのですが、
そのいくつかを紹介します。(孫引きになりますが)

 
 どれほど才能があって、どれほど努力をしても、それがまったく結実しないと嘆く人間がいる一方で、まるで才能もなく、ろくに努力もしていないけれど、どうも「いいこと続き」で困ったもんだとげらげら笑っている人間がいる。
 その差は、自分の将来の「こうなったらいいな状態」について「どれだけ多くの可能性」を列挙できたか、その数に比例する。
 当然ながら、100種類の願望を抱いていた人間は、1種類の願望しか抱いていない人間よりも、「願望達成率」が100倍高い。

内田樹(うちだ たつる)『こんな日本でよかったね』(バジリコ)



これは、前に日記で書いたこと
にも関わりますが、

自分の立ち位置を把握すること、

自分が大切にしていることを見つめ直すこと(→これが望む関わり方につながる)、

そして、
自分のいくつもの可能性を考え、それを受け入れ、楽しむこと

そういったことがすごく重要なんじゃないかと思います。


あともう一つ引用します。

「自分に合った」仕事など、いつまでも見つからない。な
ぜなら、彼らは、「自分に合った」仕事をみつけたいと言
う。その一方で、「自分が分からない」とも言う。つまり、
わからないものによって、わからないものを見つけようと
しているわけだ。そんなもの、見つかる道理がないでは
ないか。自分と言うものは、「わからない」のではなくて、
自分というものは「ない」のだと、一度思い知らなければ
ダメなのだ。

池田晶子『知ることより考えること』(新潮社)


これなんかは、再度になりますが、
関係に目をくれずに自分を探そうとしても無理だという話です。
その意味で、「自我」、自分らしさ、自分であること、
は関係の中にしか見出せないわけです。

それは、
人間が実体的存在ではなくて関係的存在である(p.207)
からです。



朝から何か難しいこと書きましたが、
最後にもう1個。

この道を行けば、どうなることか、
危ぶむことなかれ、危ぶめば道なし。
踏み出せば、その一歩が道となる、迷わず行けよ。
行けば、分かる。

一休宗純

(なお、本書には一休の引用としてありますが、
ウィキによると清沢哲夫の「道」らしいですね。)

「決める」こと、
一歩を踏み出すことが何より大事だと思います。

やってやるぜ!、と思わなければいつまでたっても始まらない。
posted by Jack at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 批評〜書籍・映画・ドラマ〜 | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119713138

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。