2008年09月21日

マイナビ仕事発見EXPO@東京ビッグサイト この記事をはてなブックマークに登録

17日に東京で行われた
就活イベントマイナビEXPOに参加してきました。

16日に大学からバスが出て、夜行で東京へ。
大学からバスで送っていただけるというのは素晴らしいです。
夜行は結構疲れますが、30人くらいで休憩中に話したりして
なかなか楽しかったです。
朝6時くらいに途中のサービスエリアで豚丼をかっ込み、
会場へ。スーツに着替え、準備をすませ、
カフェで先輩と話しながら11時まで待ちました。
ワイシャツもアイロンをかけておいたし、靴も磨いて
行きました。準備万端です。

私服も可ということだったんですが、
明 ら か に 私服の人達は浮いてます。それもなんか
全然フォーマルさを感じられない感じの服装の人がいたり。

お前ら何しに来たんだ。やる気がないなら帰れ!
って感じです。私服で来てる人にはおそらく企業の方も
良い印象を受けないだろうと思いました。
スタート時点でのモチベーションの差が出てしまうのは
あまり良くないんじゃないかと思うんですが、
そもそも始まったばかりなので、就活について何も
知らない人でも来れるように配慮されていたということ
なのかもしれません。


でっかい会場内には、
ブース分けされて80社くらいが来ていました。

イベントの感想を率直に言うと、あまり実りがあるものでは無かったなと。


まず、そもそも企業の人事の方のプレゼンの出来に差がありすぎます。
これから何を話すのかが明確でない。
(着地点が分から無いので、安心して聞けない)
情熱を感じられない。
僕にとっての有益な情報が無い(どのような人材を求めているのか)
スライドが有効に使えてないなど。

ほとんどの企業が上のどれかに当てはまります。

逆に良いところとしては、
ストーリーがきちんとある、
企業のビジョンがしっかりと明示されている、
最初にこれだけ今日覚えて行ってください!と言って
始める、などの工夫をしているプレゼンがあり、
そちらは聞いていて勉強になりました。

7時間もいろんな話を聞くんですから、
やはりしんどいプレゼンは聞きたくないです。
それで企業のイメージが下がるというのは避けたいんですが…。
(そこにいる人事の方がたまたまプレゼンが苦手なのかもしれないですし)


今回、自分でもどんなことを聞きたいというのを
明確に持ってなかったのも反省点です。

途中で、求めている人材についてもっと時間を
割いてほしいということに気づいたのですが、
気づくのが遅かったです。

こちらが求めているものと、相手が伝えたいものが
噛み合っていない。非生産的です。

まあ向こうとしても、
最初の肩慣らしのような意味合いもあったと思いますし、
学生側だって、まだ業界研究なんてしてない学生も多く、
まだまだ欲しい人材を企業から打ち出されてもそこに反応できる
学生が少ないとも思いました。


流れとしては、
企業のビジョン→企業の取り組み→今後のビジネスについて
(これは人事の方が語れるかは分かりません)→求めている人材
という流れが良いのかなと思うんですが、どうなんでしょうか。
posted by Jack at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職・インターンシップ・大学院 | このエントリーを含むはてなブックマーク |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。