2009年11月01日

尊い この記事をはてなブックマークに登録

先日ある人から聞いた話で考えさせられたことがあります。



太平洋戦争の後に生き残った人々は長い間口を閉ざしていた。

この事実に対してあるテレビでは、
それは彼らの経験が悲惨過ぎて思い出すのがはばかられ、
長らく当時のことを語る人がいなかったのだと分析していたそうです。

しかし、そうではない、と。

彼らは自分たちが生き残った側であり、
死んでいった者たちに対して申し訳ないから口を開かなかった。

そして彼らはその罪の意識を持ち続けて生きてきたのだと。


私自身、この話を聞いた時
こみあげてくる思いから、涙をこらえることができませんでした。


今でも何で涙が出てきたのか、はっきりとは分かりません。


ただ、
生き残った人たちはなんてつらい生き方をしてきたのだろう、、、
そう思いました。


Ifは無いと分かっていてもなお、
私がもしそうした状況に置かれたらどうするだろう
と考えてしまいます。


私自身、強い人間では無いので
人の死を背負って生きていくことはとても出来ないと
思います。

批判を承知で言えば、
死んでいった人たちだって残された人が
そうした生き方をすることは決して望まないだろう、、、
とも思うのです。


だからこそ、生き残って申し訳ないと思いながら生きてきた
彼らを尊い(たっとい)と感じました。




人の死について、
最近たまに考えます。

人が死ぬってどういうことなんだろう、
自分が死ぬってどういうことなのかな、とか。

死について考えることって、
生について考えることでもありますよね。

生と死はコインの裏表です。

死が無ければ命の価値など無いに等しい。

有限の命だからこそ、生は尊いのだと思います。

もし、人間が簡単にクローンとかで生き返ったり出来るように
なれば人は命を粗末に扱うようになるでしょう。


でも普段から人生の大切さを意識することって
中々難しいのかもしれません。

なぜなら多くの場合、あるものを失った後に、人って
その大切さに気づくからです。

つまり、自分が死に直面したときに
人生の大切さが分かるということ。


死にそうになった経験ってそんなにあるわけでは
ありませんが、熱でうなされて白昼夢のようなものを
みた時に、ふとそういうことを考えることはありました。



人の死って、生きている人たちに
大きな影響を与えるんだと思います。

正確には生き様と言えばいいのでしょうか。

良いか悪いかという価値判断は無意味ですが、
とにかく影響を与えます。


だからこそ自分自身も、
私が死ぬ時に残していく人たちに
どういった影響を与えるのだろうか、ということを
考えながら生きていく必要があるのだと思います。


といってもまだまだ何かを残せるようなレベルには
無いのが現状ですけど(笑)



最後に気になった歌詞を。

  駄目な映画を盛り上げるために
  簡単に命が捨てられていく
  違う 僕らが見ていたいのは
  希望に満ちた光だ
 
           〜HERO/Mr.Children

命って感動のために消費されるほど
「安い」ものでは無いと、
この曲を聴いて思います。
posted by Jack at 22:04 | Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。