2008年04月28日

学歴と学力 この記事をはてなブックマークに登録

前回、学歴は必要か?という質問についていろいろ書きましたが(参照
どうだったでしょうか。

学歴と学力の間には相関性があるということが事実としてあり、
何も努力をしないで就職活動をしたならば、
学歴で就活の結果に差がつくと言うのは当たり前です。
学歴は無くとも学力は必要なのです。

ではその事実を知ってどうするのか、これが最も大事なことです。
頭を使ってどうすれば良いのかを是非考えてみてください。
もし一流大学の学生と同じ努力しかしないのならば結果が見えている。
この事実に対してどのような対応を取れば良いのか。

また、学歴によって全てが決まるというようなことを
もし学生が言っているなら疑って掛かる方が良いでしょう。
一流大学の学生で、早くからそうじゃない学生が戦線離脱することを
願っているのかもしれません。(邪推ですが 笑)

また、前回言い忘れたことがあったので追加しますが、
一流大学であるほど、OB・OGとのネットワークがあり(特に大手企業)、
その分学生が大手企業へアプローチしやすいというのがあると思います。
(難しい言葉で言うと経路依存性:昔は今以上に学歴至上主義で、
そうした流れで今も因習的に選考が行われているということ)

更に、一流大学であるほど学生の就活に対する意識が高く、
その流れが低学年の学生にも伝わりやすいというのがあるのでしょう。
つまりその流れ(先輩から後輩への就活に関する情報などの流れ)が
あるか無いかで大きな差が出てくるんだろうと僕は考えます。

前のエントリのコメントにも書きましたが、
では学力がなぜ仕事に必要なのかという問いについても、
敢えて今回は僕の回答を書かないので、各自で理由を考えてみてください。
これという正解はありません。
自由に考えて、発言してください。ご意見お待ちしています。


学歴と学力について考えたとき、こんなエントリが。
“ 学歴 ” と、“ 学力 ”(遊んで、学んで、愉しい毎日♪より)
以下ざっくりと要約:
テレビ東京“カンブリア宮殿”での、産業再生機構のトップの方々、3名による話。
会社にとって一番重要で、手入れの必要なものは、『人材』だと言う。
『人材』に望む要素は、“学歴ではなく、学力”だそうだ。
夫も最近しきりにそれを言う。夫の会社には、それこそ普通に
東大・京大・大学院卒、、、がゴロゴロ。夫は30代後半。 
同期や先輩・後輩、を見回しても、出世に差が出始めている。
で、先頭を走るのは、必ずしも、東大・京大卒 ではないのだそうだ。
バブル時期、学生の売り手市場だった頃はどの企業も手当たり次第
高学歴者を集めたようだけれど、今は、企業がじっくり人材を選別できる時代。
では昨日の方々が言う『学歴より、学力』は、どうやって見極めるのか?
『高学歴者の中から、本当の学力を持つものを見極める』のではないか?
まず、‘学歴ありき’。でないと、あまりに対象範囲が広すぎる。
何のふるいもかけない状態から、‘学力’ が高い人材を見つけ出すのは至難の業。
でも、夫(建築士)は、「今の社会は、もう、学歴じゃないんだよな・・・」
と、しきりに言う。
でも、自分の将来の道を、“たくさんの選択肢の中から選べる立場”に立つには、
それなりの学歴を持っておかなければ始まらないんじゃないか?
“ 学歴より、学力 ”
本当に難しい言葉だ。

文章の味を削いでしまいましたが、このような話。
コメント欄には出演者本人のコメントが来ていたりして面白いので、
後で読んでみてくださっても良いと思います。

学歴が保険として存在するのは否定できない事実です。
名刺のようなものです。無名大学よりは、東大と言う方が
インパクトがありますよね。

つまり、冷静に考えてみても、既に大学に入った時点で
ハンデがあるというのは確かなのでしょう。

例えば採用側から考えてみると分かるかもしれません。
100人という募集に3000千人の募集が来ているとする。
全ての人間の学力をしっかりと精査する時間的余裕は無い。

例えばそこで学歴フィルターを使ってみましょう。
今、100人を選ぶために3000件の候補があります。
高学歴フィルター(旧帝大、早慶上智、関関同立)を使うと、
500件まで絞り込むことが出来ます。

つまりそういうことですよね。


ハンデがあるということはこの際否定しても仕方がありません。
しかしそれは次第に決定的なものでは無くなっているとも言えます。
その上でどのように行動するかが大事なのでしょう。

もし書類選考、筆記試験で落とされてしまうなら
そうされないように最大限の努力をしなければならないし、
アピール出来るような経験を意識的に探して行うというのも
一つの手ではあるでしょう。

一流大学にいる学生であっても努力していない学生なんて
いくらでもいます。彼らに負けないように準備をすれば良いのです。
決定的なハンデでないなら、何とか対処できるでしょう。

そして以前にも書きましたが、就職活動が全てではありません。

あまりにも就活に集中しすぎて、その後のことを考えないのは
まずいです。これについては以前のエントリを参照ください。



追記:学歴について教えて!gooにも質問があったので参考にしていただければ。

大学名は大事でしょうか?
posted by Jack at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職・インターンシップ・大学院 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年04月26日

学歴は就職に必要か この記事をはてなブックマークに登録

就職活動については以前から少しずつ考えているんですが、
今回からはちょっとずつ実践的、あるいはあるテーマにしぼって
考えてみたいと思います。

就職活動についていろいろと書いて発信していきますので、
出来れば僕が提示した話題について意見や感想いただければ嬉しいです。
そうやってみなさんとどんどん考えを深めていければ良いなと思っています。


みんなの就職活動日記というのを知っていますか?
会員登録すれば、さまざまな掲示板を読むことができ、
そこでは就職活動を控えた学生や、既に内定を取った学生、
そして社会人が活発に話し合いをしています。

ところで試しに商社のトピックを遡って読んでいたのですが、
頻繁に聞かれる質問が二つありました。
それは語学力は必要かどうか(TOEIC高得点など)、
そして学歴は関係してくるのかという二つです。

今回は、全般に関係している学歴について考えたいと思います。


就職活動に学歴が関係してくるのか?

答えはYESでもあり、NOでもあります。


あなたが採用する側に立ってみてください。
あなたは能力が高い(ポテンシャルを含む)人間を多く採用したいとします。
そうすると、一つの指標として学力が挙げられます。では問題です。

高卒の人間と、大卒の人間どちらの方が学力が高いでしょうか?

答えは簡単に出るはずです(笑)大卒ですね。
もちろん高卒の人間でも探せばいくらでも学力の高い人間はいます。
しかし単純な確率で言えば大卒の方がはるかに学力が高い人間の割合が高いでしょう。

これと同じことが大学間でも言えます。
大抵の場合、例えば就職活動で用いられる
学力テスト(SPI2やCAB、GABなど※)の平均点は、
大学の偏差値と比例するのではないでしょうか。

なので、あなたが採用側で、優秀な人間を採用したいなら、
学力が高い人間を選ぼうとするというのは一つの選択肢なはずです。
そして有名大学を選ぶというのは、安全な方法だとも言えるでしょう。
なのでその意味ではYESです。あまり能力に差が見られない学生2人
から1人を選ぶとしたら、良い大学の学生を選んだ方が無難というのも
あります。人事部にはそういう考えもあるのかなと思ったりします。


ではもしあなたが一流大学出身では無いとしたら、どう考えますか。
一流大学で無いというだけの理由で採用される見込みが無いと諦めますか。

ですが諦めるのはまだ早い。
少なくとも一流大学じゃないからと言って門前払いされるような企業は少ないし、
これからも減っていくでしょう。その意味では学歴は関係ない。
あるいは正確には学歴で全てが決まらない。つまりNOです。

一流大学出身の学生がより多く採用されるというのは事実です。
これは間違いありません。ではその理由はなんでしょうか。
これを「一流大学出身だから」と安直に考えては思考停止です。

本来はそうでは無く、学力、あるいは能力が高い学生が一流大学に多いから

というのが理由だと考えるのが妥当なのではないでしょうか。
例えば大学入学時にセンター試験で800点だったAさんと600点だったBさんでは、
就活の筆記試験でAさんの方が高得点を取る確率が高いはずです。



ところで、学歴が必要か?という質問をする人間が、
その答えによって何を求めているのかを考えることも意味があります。

もしYESだと言われたら、ああ、やっぱりそうなのかと思って諦めるのでしょうか。
それともNOだと言われてそんなことはやっぱり無いよねと安心したいのでしょうか。
どちらも間違った期待ですよね。

掲示板に学歴は必要なんですか?という書き込みをする学生が
その質問によってどのような解答を必要としているのか、
はっきり言ってそもそもこの問いはあまり良い問いではないのでしょう。

それならどうするか。

一流大学の学生と、そうでない学生の学力の差というのはあります。
だからと言って、それは追いつくことが出来ない差では決してありません。
だからこそ、一流大学でない大学の学生は、一流大の学生を追い越す勢いで
努力をしなければ勝ち目は無いでしょう。

学歴の壁があると聞いて、初めから中堅企業に狙いをシフトするのでは無く、
筆記試験でトップ通過するくらいの意気込みで猛烈に就活の準備を
するべきなのではないでしょうか。

もちろんここで言っているのは筆記試験だけであって、
筆記試験以上に面接が大切です。しかし、筆記で落ちてしまうようでは、
競争も何もありません。もしそこで一流大学の学生に負けるのだとしたら、
負けないように準備すれば良いだけのことです。

最初から可能性を自ら狭めるのは勿体無いと思います。
本当に大手を狙いたい、そして大手に自分が求めているものがあると考えるなら、
そのために出来る最大限の努力をするべきなのではないでしょうか。





※SPI2やCAB、GABなどについては、以下のリンクが詳しい。(日経ナビ2009より)

筆記試験の代表格・SPI2

SPI2以外の筆記試験
posted by Jack at 00:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 就職・インターンシップ・大学院 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年04月23日

今後の予定 この記事をはてなブックマークに登録

昨日無事に帰りのチケットを取れました。
6月16日には日本に帰国する予定です。
もう残すところ二ヶ月を切りました。あっという間ですね。
本当に月日が経つのは早いです。

あまり日記で細かく行動を記したりはあまりしないので、
メモ程度に書いておくと、5月中旬に期末テストが控えており、
それを無事乗り越えることが出来れば、後はノルウェーを
悔いの無いように堪能し(お金が許す限りですが 笑)、
夏以降は就職活動などで忙しくなると思います。

インターンシップもやりたいし、
読みたい本のリストも膨れ上がってます。
大学では新しい図書館がオープンしたということなので、
それも楽しみです。

チケットの話に戻ると、
こっちに来るとき僕は一年間有効のFIX/OPEN往復チケットを
購入してノルウェーまで来ました。
本来ならそれを使って帰る予定だったんですが、
復路の分を昨冬の一時帰国の際に使ってしまったので、
帰りのチケットを手配しなければならませんでした。
(冬帰国は成人式に出たり、東京に用がいくつかあったためです)

帰国便はいつ帰るか分からないから自由に決められるように
後で取れば良いと友達にアドバイスを受けていたのですが、
まあOpenチケットを手数料払って後から日時を変更する方が
簡単かもしれません。

しかし、今回取ったチケットは割安でした。
Alitaliaというイタリアの航空会社のもので、6月15日発
ロンドン発-イタリアミラン経由-成田行きです。
イタリアのミランで空港をかえないといけないのは
非常に面倒ですが、値段が385ポンドと、日本円にすると約8万円です。

昨年の夏に取った往復チケットが20万円(!)ぐらいしたので、
普通は片道10万円程度かかります。まあ夏に取ればそれくらいの
値段になってしまいますよね。

なので、最初から往復チケットなんか取らずに
片道ずつ格安のチケットを探す方が良いのかなと
思ったりもしたんですが、はっきり言って面倒だし、
安いチケットが見つかる保証も無いので、
よほどのことが無ければ無難に往復チケットを取っておいて
問題ないでしょう。メールで何度も問い合わせをしたり、
注文したいと言ってもそれから返事が無かったりと、
手間がかかるので僕はおすすめしません。


金銭的な話をすると、
一年間の生活費は、あらかじめノルウェーに送金してあります。
(それが学生ビザを取得するための条件でもあったんですが。)
なのでそのお金を使って今まで生活してきました。何しろ物価が
高いので、外食をなるべく控え、自炊で節約してきました。

外食とか普通のレストランに行くと、一食で普通に
2千円から4千円ぐらいするので(!)めったに行きません。
まあマックとかバーガーキングなんかに行けば別ですが、
わざわざ海外でジャンクフードを食べるつもりは無いので
自炊しています。

残り二ヶ月を切ってみて、
海外旅行に行けるくらはお金が残っていることが
分かったので、テストが終わってから少し旅行するつもりです。

ヨーロッパはまだノルウェー以外にスウェーデンしか
行ったことが無いのですが(空港のトランジットを含めれば別です)
フランスやイギリス、ドイツ、イタリアなどには是非行ってみたい
と思います。早めにチケットを取った方が良いんでしょうかね。
宿なども含めてしっかり計画しないとあっという間にお金を
使ってしまいそうです…。
posted by Jack at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。