2008年03月14日

僕の受験時代 この記事をはてなブックマークに登録

「294番!?」




あれは確か高校一年の春だったと思う。

高校最初の県下一斉テストの結果が返されたとき数学の点数の学年順位に
思わず愕然とした。一学年約310人だったので、ほとんど最下位のレベルだ。
あの時は本当に驚いた。まさかこんなに自分が学校の中で低い順位だったとは
思わなかったからだった。科目総合も確か200番台後半だったと思う。


内容的にはほとんど中学時代にやったことだったので、
普通にやれば高得点を取れるのだが、みんなの出来が半端無かったのだ。
これはさすがにまずいと思い、中学生対象のドリルをやってまずは
中学校の内容を総復習することにした。
数学と英語をやった。学校が終わって帰宅後数時間はそれを解くようにしていた。
確か2〜3ヶ月で終わったので、こんなに短い期間で出来ることを
中学三年間でやってきたのかと思うと少々驚いた。

中学時代の頃は塾には行かずに通信の学習教材をやっていた。
毎月提出するプリントはやらず、テスト対策の教材を主に使っていた。
学校では授業と、数日前から始める徹夜の試験勉強だけで十分だったし、
兄が塾へ行っているので自分は行かなくても良いという、
ある意味意地のようなものがあった。

高校は地区で一番の公立校を受験した。そして結果的には運良く合格した。
進学校よりも歩いて一分のところにある高校が良いと
3年生になるまではずっと思っていたが、心境の変化で志望校を変えたのだった。
どうして地区の公立進学校を目指すことになったかについては
また別の機会に書いてみようと思う。

中学時代は塾に行かなくたってテストの成績は上位だったのだが、
高校で出来た友達の多くは塾に行っていて、高校受験の試験の点数も
高かった。中には満点近い点数の人もいた。
そういう人にはやっぱり基礎の部分で叶わないと思い知らされたのが
あの県一テストだった。


その後中学時代の英数の復習の効果なのか、
最初の前期の期末テストでは90番台だった。これはかなりうれしかった。
さすがに最初のテストで絶望のふちへ突き落とされたので、
少しは安心することが出来た。

高校では、硬式テニスを部活に選んだ。
理由は小学校時代にフェンス越しに見た隣の高校(別の高校だが)のテニスを見て、
いつか高校に行ったらテニスがしたいと思っていたからだ。
時期を同じくしてテニスの王子様が人気だったりしたっけか。

期末試験の結果が返された日、ラケットを担いで球戯場へ向かう途中、
他の部員の試験結果を話したりしていた。

「○○が全体で9位だってよ。」

それを聞いて、思わずびっくりしたし、
そういう人がテニス部にもいるんだということにも驚いた。一桁がリアルに感じられた。
それまでは成績上位の人がどういう人だったのか分からなかったので、
ある意味現実に成績上位を目指したのはその日だったのかもしれない。


学校生活にも慣れ、夏休みになった頃
ある一本の電話が掛かってきた。その時は丁度クーラーに当たりながら
テレビを見ていて、親はいなかった。

「わたくし、○○塾の△△と申します。今回電話を差し上げたのは…。」

普通はここで良くある勧誘電話だなと思いつつ、親は今いませんので
と言って電話を切るのだが、そう言ったところ、
その人はあなたに話をしたいと言ってきた。僕は電話を切らなかった。

特にやることも無かったのもある。興味本位で聞いていると、
どうやら進学校にいる学生を対象とする入塾の勧誘らしい。
すごく情熱のある話しぶりで、是非一度塾に来てもらい、
説明をしたいと言ってきた。場所は横浜駅のすぐ近くにあるのだそうだ。


僕は返答に迷った。
しかし一度親に相談して、行けそうならば電話します
と言い、相手先の電話番号をメモに書き取って電話を切った。
今思えばあの時どうして電話番号を知っているのかと
もっと怪しむべきだったのかもしれない。


当時は自分でも不思議なのだが、
一人でも、友達と一緒でも、電車に乗って別の市へ行くということが無かった。
それまでは地元平塚の実家周辺で生きてきた。それで十分だった。
自転車で10分のところに平塚駅があったし、そこへ行けば必要なものは何でもあった。
高校だって運よく徒歩一分とまでは行かないが、10分のところにあったのだ。

それに比べて横浜駅は平塚駅から快速で31分。

生まれてからそのときまでに数えるほどしか行ったことがなかったと思う。
むしろ一人でそんな遠くへ行くという経験はその時までに一度もしたことが無かったのだ。
当時卑近で横浜へ行ったのがテニスのラケットを買った時で、
地元のスポーツショップではあり得ない品揃えに驚いたのを今でも覚えている。
店員は若く、ラケットがずらっと並べてある壁、多彩なスポーツウェア、シューズ、
更にはテニス用品まで、ありとあらゆる商品で賑わっていた。
また、テニスラケットの試し打ちが出来るブースがあったのも
衝撃だった。

帰宅した親に夕方その事を話してみると、怪訝な顔をしてまともに取り合って
もらえなかった。だが、一人で行くなら交通費を出してあげるから、
とりあえず行ってみなさいとも言ってくれたのだった。

翌日その人に連絡を取って塾の場所を確認した。
親同伴でなくても平気ですかと聞いたら、快諾してくれた。

一人で横浜へ行くのにはちょっと興奮していたし、
あのテニスショップにもついでに行けるというのが嬉しかった。
時間は確か午前11時からだったのだが、そのときは早く家を出たので
9時前には着いてしまった。10時開店の大型デパートはまだ
しまっているのだが、それにまず驚いた。もともと朝早くからデパートに
行ったりはしないが、9時には開いてると勝手に思っていたのだ。
教えられたとおりに塾の場所を探したが、歩いて5分なんて嘘だ。
かなり迷った挙句なんとかたどり着いたものの、電話したらまだ
塾が開いてないからもう少し後で来てくれないかと言われた。
(塾までは駅から大体早歩きで10分はかかる)

仕方なく来た道を戻ってファストフードの店に入り時間を潰して
出直した。
塾はそこまで大規模ではなく、こじんまりとしたところだった。
階毎が比較的狭いビルで、確か5階まであったと思う。
僕はその電話の声の主と対面し、時間を潰させちゃって悪かったね、
と言われつつ、何階かは忘れたが自習スペースの奥にある
ブースに区切られた一角に通された。
こうして一対一の塾に関する説明会が始まったのであった・・・。

<続く>







追記:

前回の日記で就職活動は大学受験に似ているという指摘を
再び書いていて、では僕がどんな受験を経験してきたのかを
見つめなおしてみようと思いました。

前回紹介したLifeに文化としての受験というのがあって、
それを聴きつつ自分の受験時代を思い返しました。

興味がある方はこちらから。まとめサイトより。

公式サイト:文化系トークラジオ Life

posted by Jack at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年03月10日

Lifeを聴いて〜自分探しが止まらない〜 この記事をはてなブックマークに登録

今日ふとしたきっかけで聴いてみたラジオ番組、「Life」。
この番組はネット配信もしていたのでそちらを聴きました。
扱っている内容は今回聴くのが初めてだったので説明出来ませんが、
具体的には社会的なトピックについて話す感じです。

詳しくはこちら。文化系トークラジオ Life

今回のゲストに呼ばれていたのは、
『自分探しが止まらない』の著者である速水健朗さんです。

僕自身、現在留学中なので入手できておらず読んでいませんが、
ネットを通して書評を書いてたりしているのを読んでいるので
ある程度は話題についても知っています。例えばm_um_uさんの日記など。

自分探しの現状はは本書で扱われているようなので、
それを読んでいただければと思いますが、ラジオで最初に扱われたのは
自分探しのゴールはいったいどこにあるんだろうという話。

具体的にバックパックで海外に行くことを義務付けられている
ユダヤ人の話や、ギャップイヤーの話に始まって、外こもりや
海外を旅したり外へと向かっていく自分探し(この言葉が適切かは分かりませんが)
になり、更には猿岩石がシベリアを横断する番組の話に。
僕はその番組を知らないので分かりませんが、
ここでは「お金を稼ぎつつ何とか旅を続けることが出来る」ということが、
ポイントになるようです。

つまりお金を稼ぐことが出来る、お金をもらえると言うのは社会的な承認であると。
その承認はすなわち、その人間の生き方(あり方)を認めることになるわけです。

自分探しのゴールは他人に承認されることでは無いか、
という仮定がここで出てきます。

じゃあなんでわざわざ外に出る必要があるの?
ということになりますが、ポイントは自分が置かれている状況から
離れるということにあるような気がします。
僕は自分探しというのが外向き(バックパッカーなど)と
内向き(自己啓発やスピリチュアルなど)の二つに分かれると
考えていますが、外向きにおけるものではそういう傾向があるかなと。

必ずしも逃避である必要は無いですが、
裸一貫(?)で自分が他者に認められる存在であるのかどうかということを
確かめたいというのが根本にあるのかもしれません。
もちろん旅によって好奇心を満たしたり、旅先の人とコミュニケーション
を取りたいという思いはあるのでしょうが、
同時に自分が置かれている文脈から一度解放されて、そこで自分を
試したい気持ちがあるのかなと。


しかし本当に他者に認められるのが最終的なゴールなのでしょうか。

おそらくゴールは最終的には自分で自分を認められるようになることです。

自分を認めるということは概して他者からの承認を通して行われます。
他者からの自分の承認→自分による自分の承認という流れです。

他者から承認されるというのはもちろん必要条件ではありません。
結果的に自分が自分を承認出来れば良いわけで。

それは自分に自信を持つことなのかもしれませんね。




自分探しのきっかけの方なんですが、自分探しの流れが生まれたのは
80年代、90年代以降ということで、就職氷河期や、m_um_uさんの言う、
ゆとり教育的な志向(個人重視)が強くなってきた頃だと言われています。

時代的にはバブル崩壊以降加速することになるわけなんですが、
僕の考えだとやはり団塊の世代的な職業観が通用しなくなってきて、
働き方(生き方)の選択肢が増え、また不景気が重なり非正規雇用の労働者が
急増したということが絡んでくるんだと思います。


僕は2010年に就職を控える学生ですが、
働くことについても少しずつ考えています。
もちろん終身雇用や年功序列が崩壊している今の状況がありますし、
更に言えばグローバル社会や情報社会(もう情報化社会は過ぎたような)
のことを考えると何らかの対策は講じないとまずいな、
セーフティネットも信頼できない以上、
となるわけで。

また別の事情としては、
就職活動と受験勉強はかなり似ている部分があるということです。

これについては拙ブログの過去記事を参照してください。

受験勉強でも忘れてはいけないことが一つあって、
それは入ることがゴールでは無いということです。

就職活動だってそうなんですが、どうしても
受験勉強のとき見たく、周りに押し流されて上の大学(就活では企業)
を目指して頑張り、受験だけで精魂が尽きる学生が中には出てくる。
または、そういう流れでしっかりと大学で何を勉強したいのか、
あるいは何をしたいかが明確に出来ずに入学してしまう人もいるはずです。

もちろん何を勉強したいかなんて具体的にイメージできる人間は稀で、
入ってみたいと分からないことは多い。それで構わない。
ただ、出来るだけ何をしたいのか考えることは決して無駄では無いし、
就職活動に追われて入社した後途方に暮れたくはないと思うわけです。


僕のことを書きましたが、こうした考えのもといくつか
就職活動に関する本を読んだりするわけです。

丁度ラジオでも絶対内定や面接の達人が話題に出来てました。


絶対内定は読んでないし、面接の達人もパラ見程度ですが、
読んでいてぶつかるのが自己分析です。まあ自己PRの為に
そういう作業をやるわけですが、自分と向き合うという作業において、
中には疲れ果ててしまう人がいるということです。

それはちょっとまずいかなと思いますが、
実際には自己分析が上手くいかなくたってそれで働けないということではないし、
疲弊するまで自分を分析するくらいなら、出来るだけエントリーシートの
選考で落とされないような企業を探せば良いような気もしますし、
いくつか対応策は見つけられるのではないでしょうか。


どうして自己分析で精神的にダウンしていまうかというと、
無理やり自分を見つめなおさせることで、自分の過去を
嫌なものまで含めて直視させ、それを書き出し、アピール出来るようにさせる。
それはある人にとっては非常な苦痛であり、自分とは何かという
問いを繰り返させ、自分というものが揺り動かされる
不安な作業なのかもしれません。自分に対する自信とかも含まれたり…。
これは僕の推測に過ぎませんが。

だからいきなりそんな風に畳み掛けられて耐えられなくなる人が出てくるのでしょう。
きっとそうやって自分という存在を見失いそうになる。

この不安はある意味自分探しとも関連してくるかもしれません。
会社に依存して働くだけで生きていられた時代は過ぎ去ろうとしており、
自己責任下で今後の時代の変化に対応していかなければならない、
あるいは常に自分の市場価値を高める努力をし、進む道を決める必要が
ある時代になりつつあるのでしょう。

目の前にある社会、そして時代へと適応させるために自分を再構築する作業が
自分探しであるとすれば、それは生きる為に必要なのかもしれません。




追記:番組の番外編がウェブにて公開されました。
それについてのちょっとした感想も書いたので宜しければ。(参照
posted by Jack at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職・インターンシップ・大学院 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年03月04日

雪晴れ この記事をはてなブックマークに登録

ブログの更新は久々です。

今週は朝8時からの授業が月曜から四日連続であるので
結構忙しいです。EUについての講義なんですが、理念とか歴史はすでにやっていて、
今回は実際の政治プロセスを扱っています。これがまた複雑で、なかなかやっかい
です。

欧州委員会、欧州議会、欧州連合理事会(閣僚理事会)、欧州理事会、etc。
それぞれの名称を区別しなければならないほか、それぞれが果たす役割についても
勉強しなければなりません。はっきり言ってつまらないと言えばつまらない(笑)。

ですが面白い部分もあります。実際に各国の言い分がどうやって纏められているのか、
あるいはEUが具体的にどのように動いているのかなどなど。
かなり根気が必要ですが、上にあげた部分は奥が深くやりがいがありますね。


ベルゲンはヨーロッパの比較的高緯度に位置するノルウェーにありながら、大西洋に接している海岸沿いの都市なので雪が降り積もるほど寒くなることはめったにありません。もしかすると日本の東北地方よりも暖かいかもしれないです。

しかし今日は朝から雪が降っており、部屋を出た頃には外は真っ白でした。雪質は粉雪でふわふわしており、靴で踏みしめる感触が気持ち良かった。


授業が終わった後セットでそのままセミナーがあるんですが、今日はさぼりました。その代わり図書館で教科書を読みました。教科書を読みながら、晴れつつもやわらかい雪が降ったり止んだりしてる外の景色を何度も見ていた気がします。お天気雨ならぬ、雪晴れです。

リーディングを終えて図書館を出ると、雪はやんでいてまぶしい陽が雪に反射してきらきらしていました。空は青空でしたし、久しぶりにこんな晴れ空を見た気がします。ベルゲンでは雨が多く、そうでなくても曇っている日が多いので。



丁度外に出て帰るためのバス停に向かう途中犬を見かけました。ラブラドールレトリバーだったと思うんですが、大型犬はやっぱ良いなとか思いつつ(うちでは中型犬のコーギーを飼ってたりします)過ぎ去っていくのを見てたらいきなり雪の積もってる芝生の上でいきなりゴロンと転がりました。もちろん頭からでんぐり返しするわけではなく、腹から横にローリングする感じです。思わず笑ってしまいました。

雪やコンコン あられやコンコン〜♪

っていう唄がありますよね。その中で犬は喜び庭駆け回るって部分があり、本当にそんな感じでした。
写真がその犬です(笑)



話を戻して、どうしてセミナーへ行かなかったかと言うと、予習が全部済んでなかったし、エッセイを書くために他の教科書を読んだりする必要もあったからです。

予習をせずに行くと、何を話しているのかなかなか分からないばかりか、時間が勿体無いことが最近分かってきました。

実は日本ではセミナーとかゼミというのを取ったことがなくて、
こっちに来て驚いたんですが、講義の補助のようなもので議論が中心になります。
結構読まずに行ったりしてて、そういう時は話が良く分からないまま
時間が過ぎてしまい、教科書読まないといけないなという実感だけで
終わってしまっていました。

これはまずいと思ってはいたんですが、
やはり大変でも教科書を読むのが一番効率良い勉強なんだと分かったので
これからは頑張りたいですね。リーディングの量が多いのがこっちの特徴です。
科目は一学期に大体二つか三つ取るんですが、
一つのリーディングの量がページで言うと1000ページくらいです。
僕は精読で一時間6〜8ページ進めれば良いほうなので、全部読むとすると
最低でも100時間は必要になります。
毎日3時間かけてもまるまる一ヶ月かかります。
なのである程度は読む量を絞ったりしなければなりません。

こっちで会う留学生はしっかりリーディングをやってくる人がいるので、
これが海外の大学生なのかと感心します。
リーディングをほとんどやらずに済ますことも出来ますが、
その代わり期末試験や試験代わりのエッセイで苦しむことになります。
日本にいたころは授業に出席しているだけでも良い成績を取れる科目が多かったのに、
こっちでは授業に出るだけでは不十分です。
基本的に個々人で勉強を進めなければいけません。授業時間自体が少ないので。
本来はそういうスタイルで勉強するのが本当なのかもしれないですね。
これはしっかり頭に叩き込む必要があります。

そんなこんなで実は明日明後日も8時から授業があるので寝坊せずに
出れるようにしたいと思います。こういう日記的な文章久々に書いた気が。

posted by Jack at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。