2008年02月19日

李登輝博士の講演を思い出して。 この記事をはてなブックマークに登録

最近「武士道」を読んでいて、
機会があればそれについてもブログで書いていきたい
と思うのですが、武士道に関連して思い出すことがあります。


それは去年の6月6日に国際教養大学で行われた
李登輝前台湾総統の講演会です。

当時大学二年生であった僕はグローバル研究概論という
授業を取っていたのですが、その一環として李氏の講演会が
盛り込まれたのです。

大学キャンパスから少し離れた場所にあるプラザクリプトンと言う所で
実施されるということで緊張しつつもわくわくして会場へと向かいました。

というのも李登輝前台湾総統が直々に日本の、しかもこの秋田の
山奥にある(?)大学へ来校されるというのはとても信じがたいことでした。
奥の細道行脚と言われたように、奥の細道で詠われた名勝を回り、
秋田までやってきたということです。秋田には象潟(きさかた)という
名勝がありますが、残念ながら地震で跡形も無くなってしまっているそうです。
(象潟や雨に西施がねぶの花)

グローバル研究概論は中嶋学長が前半3分の1を取り持っていたので、
学長の講義の一環としての講演会という位置づけでした。自らの授業に
かの著名な李氏を招聘出来るということに驚きを隠せませんでしたが、
同時になんて幸運なんだとも思いました。
この学期にグローバル研究概論を取っている学生以外は希望者による
抽選で行けるかどうかが決まったはずだし、あらかじめ一般受講者の
応募もされたようですが、それをあっという間に高倍率の抽選になった
と聞いています。

会場へは余裕を持って30分前に行ったのですが、
学生専用席が前方を占めており、学長の配慮なのだろうかと思いつつ、
前列中央に着席しました。後方にはマスコミが陣取っていましたが、
それほど大々的なものではありませんでした。
今思うと、これも中国側への配慮ということなのかもしれません。
しかし翌日の全国紙では小スペースながらしっかりと取り上げられていました。

会場はすぐに満席になり、隣の友達と興奮しながら話を交わしつつ、
講演会が始まりました。

学長による授業が始まり、英語で李登輝博士についての説明が
なされました。すぐに李氏が拍手により迎えられました。
ご家族の方も一緒に来られたのでした。

その後学長が李氏の来校への感謝の意を表明して、
ヴァイオリンの演奏が行われました。
演奏は大学の特任准教授である渡辺玲子先生で、曲名はバッハのシャコンヌ。(※)
グローバル研究概論と同時に、先生による芸術論の授業も取っていたので
先生とは面識がありました。国際的なヴァイオリニストであり、
学長と同じくスズキ・メソードで学んでおられるので、お二人は以前から
親交があったようです。


演奏が終わるとすぐに講演が始まりました。
約一時間半にわたる、力強いしっかりとした日本語での講演でした。
講演のために自著である『「武士道」解題』を聴講者へと配布して
くださり、それも武士道とともに今手元にあります。

丁度講演会を録音しておいたのをこちらにきて見つけました。
今度聴いてみて、また感想を書けたらなと思います。

当時の拙い日記がありますのでそちらも参考にしていただきたいです。(旧ブログより)
http://blog.goo.ne.jp/jack_all_right/d/20070606



実はこれだけでは講演会回想は少し不十分で、当時の李氏来日
に関する中国の反応についても触れなければなりません。

台湾ですでに民間人になっているとは言え、やはり政治的な
影響力はかなり大きいため、来日に関して中国から注文が来たのです。
以前より来日を希望されていた李氏なのですが、中国の反応を懸念してか
なかなか実現せず、6月にやっとその念願が叶った形となりました。

これに関して面白い記事を見つけたのですが、
良い機会なので紹介します。
李登輝氏訪日めぐり日中神経戦

今年6月にドイツで開催された主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)での安倍晋三首相(当時)と中国の胡錦濤国家主席との首脳会談をめぐり、中国側がその直前の台湾の李登輝前総統の訪日を理由に会談を拒否していたことが27日、複数の関係者の証言で分かった。しかし、日本側が譲らず、中国側が全面的に折れるかたちで決着、会談は行われた。こうした安倍政権の“遺産”をどう継承できるかが、今後の対中外交の焦点になりそうだ。


ここで実は安倍元首相の毅然とした態度があったために
講演会が実現していたのかもしれないのです。詳しい部分を更に
以下引用していきます。
 関係者によると、サミット開催に合わせた日中首脳会談は、日中間の戦略的互恵関係の促進や北朝鮮問題などを話し合うため、早い段階で日本側が呼びかけ、中国も応じる構えだった。

 ところが、中国側は、5月末になって会談中止を通告してきた。理由は、5月30日の李氏来日だ。中国政府は、28日の日中外相会談で楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相が麻生太郎外相(当時)に李氏訪日への懸念を表明していた。それにもかかわらず、日本側が李氏の入国に何の制限も加えなかったことを問題視したのだ。

 これに対し、日本政府は、「サミット正式参加国は日本だ。招待国の中国と無理して会談することはない」(当時の官邸筋)と会談の提案そのものを引っ込めた。

 これにあわてたのが中国だった。すぐに「李氏は日本で講演を予定している。これを(マスコミなどに)完全クローズにするなら安倍氏と会談してもいい」とハードルを下げてきた。

 それでも日本側が「会談開催に李氏訪日の件を絡めるならば、会う必要はない」という安倍氏の考えを伝えたところ、中国側は6月3日になって「条件はつけない。ぜひ会談を行いたい」と全面的に譲歩。8日の首脳会談が実現した。


遺産と言っても今のイメージではあまり良いものではありませんので、
使いたくはありませんが、少なくとも負の遺産でないことは確かです。



※バッハ、シャコンヌ。YouTubeのビデオリンクを張っておきます。(参照


posted by Jack at 09:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年02月18日

コソボ独立宣言と、それに対する影響などへの考察 この記事をはてなブックマークに登録



現地時間17日午後、コソボ自治州議会において独立宣言が採決されました。

コソボではNATOによる1999年の空爆を含む紛争があり、
その後も独立などを含めEU、米、露の仲介による交渉が進められて
きましたが、去年の末に決裂。今回はその延長として自治州から独立国への歩みを正式に始めることになります。

EU、米などを含む大部分の国々でこの独立は承認される見込みですが、
セルビアとロシアは断固反対姿勢を見せています。


簡単に復習しておくと、
コソボはセルビア共和国南部に位置している自治州であり、
南西部でアルバニア、南東部でマケドニアに接している地域です。

この自治州では、住人の構成がアルバニア系約九割、セルビア系が一割
というアルバニア系多数の地域であり、それが紛争の原因にもなりました。
そして以前よりセルビアからの独立を試みて来ました。


今回の宣言に関して考えたい事が二つあります。

一つは宣言後の影響について。
まず考えられるのがコソボ内でのアルバニア系による
少数派セルビア人への弾圧強化です。

それを懸念してかセルビアの他地域へ逃げるセルビア系住民もいるよう。(参照


また、他国内で独立を試みている地域に刺激を与えることも
懸念されます。

東京新聞が詳しく触れていたので参考に一部抜粋してみると、
コソボ独立宣言 民族主義“飛び火”懸念

 コソボ南隣のマケドニアでは、政府軍とアルバニア系武装組織との戦闘が沈静化して間もない。マケドニア政府は国内アルバニア人の感情があおられないかと気をもむ。グルエフスキ首相もコソボの国家承認には「国益の観点から情勢を注視したい」と歯切れが悪い。

 二千キロ離れたスペイン北西部バスク地方からの視線も熱い。同地方はスペインからの独立を求める非合法組織「バスク祖国と自由」(ETA)が活動し独立志向が強い。地元紙は連日、コソボ情勢を報じる。飛び火を恐れるスペインは、EUの方針に反してコソボの承認は拒否する構えだ。

 キプロスやクルド、アゼルバイジャンのナゴルノカラバフ自治州など、同様の争いを抱える地域は数多い。

独立後アルバニアと合併するようなことは無いと言われていますが、
こうしたことを心配してか、EU加盟国の一部では独立を承認しない国もあるようです。



もう一つ気になるのがロシアの反応です。
同じスラブ民族としてセルビアの動きを支持しようとする
流れはあるのかもしれませんが、ただそれだけでこのような
反応をするのは少し納得がいかないというか違和感が残ります。

いくつかの思惑があるのだと思いますが、
少しこれはロシアのエネルギー戦略と関わってくる部分があるのかな
という気がします。

asahi.comより全文転載してみると(参照)、
ロシアとセルビアは25日、ロシアの天然ガスを黒海を経てイタリアなどに輸出する南欧ルートのパイプラインをセルビア領にも建設することで合意した。モスクワでのプーチン・ロシア、タディッチ・セルビア両大統領の首脳会談の後、合意文書が調印された。

 天然ガスの直接輸出を通じて南欧地域への影響力拡大を目指すロシアは、18日にブルガリアの同ルート参加で合意したのに続いて外交上の得点をあげた。首脳会談でプーチン氏は、「セルビアからのコソボ自治州の一方的な独立に反対する」と改めて表明。こうしたロシアの政治的支援を必要とするセルビアと、ロシアの経済的利益が一致した形となった。

 合意によると、両国は今後30年間にわたって石油と天然ガスの分野で協力を推進。ロシアはセルビア領に全長400キロのパイプラインを建設するほか、セルビア唯一の石油供給・精製会社の株式の51%を取得する。また、セルビア国内に設ける3億立方メートル規模のガス貯蔵施設の整備や運営にも関与してゆくという。


地勢的に言うと、ロシアから黒海を越え、
ブルガリア→セルビア→イタリアという一本道が出来るわけで、
セルビアはブルガリアに続いて重要な拠点となるわけです。
パートナーなんですね。

そういう意味ではセルビアの味方をするというのは当然と
言えるのかもしれません。


EUはもちろんコソボのEU加盟、その後将来的にはマケドニア、クロアチア、
アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、そしてセルビアをも
メンバーにしようと考えているのではないでしょうか。

今回の独立プロセスはEUの大きな影響下において
進められます。経済的にコソボは経済後進国なのでそういった点での
改善も視野に入れられているのでしょう。


独立宣言で一つポイントなのが世俗的で他民族な国家という部分です。
アルバニア人はオスマン=トルコの影響下にあった背景で
ムスリムが多数を占めている一方、セルビア人は正教会系です。
その為宗教色を出さない世俗と言う部分は重要でしょう。
他民族というのもセルビア系に対する排斥運動を国家が容認しない
という意味で必要不可欠です。(参考



最後に僕が持ってる疑問を少し。
ロシアが反対する理由の一つとして国際法に反するという
のを挙げていたのですが、これは本当なのでしょうか。
この辺は良く理解していないので、知っている方がいれば
教えていただきたいと思います。
posted by Jack at 10:37 | Comment(2) | TrackBack(3) | 時事・社会 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年02月14日

1・2年からの就職活動? この記事をはてなブックマークに登録

そろそろ三年生になるので
就職活動が視野に入るようになってきました。

まあ就職活動に関する本や雑誌、ネットなんかで
情報をチェックしたりもしますが、ふと考えるのが、

大学一・二年生が三年の夏から始まる就職活動に
すんなりと入るためにどんなことをしたら良いのか

ということです。

これは僕がこれまでやってきたことや、
上にあげた情報に触れて思ったことなので、
マニュアル的なものでは全くありません。あしからず。


[就職活動≒受験?]
だんだんと就職活動開始時期が早くなってきていると言われています。
一・二年生でも自己分析や自己PR、エントリーシート、
グループディスカッションなどの言葉に触れることもあるのではないでしょうか。

しかしそういうのって何となく受験勉強に似ていませんか?

どの学校が良いのかを蛍雪時代とか受験情報誌で調べたり、
塾に通い情報を得、受験が近くなると試験の対策をしたり。
学校説明会で学校を見て回ったり、学祭に行く。

就職活動でも同じですよね。
会社四季報や会社図鑑なんていう情報誌を読んで会社を調べたり、
セミナーとか会社説明会に行ってみたり、etc。
最近だと就職浪人なんていう言葉も耳にします。

だとすると考えないといけないことがいくつかあります。
受験競争がきつい大学に通っている人の中には、
競争で燃え尽きてしまった人や、入ることにこだわりすぎて
入学後何をして良いのか分からないような人がいますよね。

企業でもそれは全く同じ。
会社に入って三年経たずに辞める社員が多いと良く言われていますが、
それは就職活動という競争に追われ、しっかりと会社に入って
何をしたいのかということを考えてこなかったからではないでしょうか。
あるいは自分のイメージと現実が合わなかったり(悪い意味で)。

大学だったら入ってから何をするか決めて無くても、
中にはあまり勉強をせずに卒業できたり、対応出来るかも
しれませんが、企業へは働きに行くのですから働くことは
どういうことかを考えないで行くのは問題外だと言えます。

そして企業に入ったらそれで終わりではありません。
大学は四年間ですが、働く期間というのは約40年です。
10倍です。
しかも企業というのは大学と違って倒産する可能性もある。

これは就職活動のテクニックに始終しているようではまずい。


面接の練習だの、グループディスカッションだのをする以前に
考えるべきことが二つあると僕は思います。


[人生設計]

一つ目は人生設計です。

今はキャリア設計、あるいはキャリアデザイン
言う名称が主流かもしれませんね。

つまり自分がどのように生きるかの計画を立てるということです。

もちろんいきなり60歳までどんなことをしているのかを
1年単位で設計しろとは言いません。スケジュールでも何でも
細かい計画は狂うものです。

ただ人生における方向性のようなものはあった方が、
今後ぶち当たるであろう選択が必要な場面で役に立つので大まかには
決まっていると良いと思います。

例えば30歳になったら脂が乗ってきて、精力的に仕事をこなしていて、
私生活も充実していると良いなというイメージ、
60歳で定年するころには子供も社会人として立派に自立して、
妻と二人暮らしで、毎日縁側で本読んだり、孫と遊んだり(ちと古い?笑)
出来たら理想だなというような。


簡単にイメージ出来ないという方もいると思います。
そういう方には自分が今までどんな風に生きてきたか、
今何をしているかを考えることをお勧めします。

端的に言うと「自分を知る」ということですね。

自分ってどういう人間なんだろうということを意識するようにすると、
日常的に自分を観察する視点が生まれます。

具体的には趣味だとか、幸せだと思う瞬間とか、やりがいのある
ことなんかを今までを通して考えたり。

そうした上で、「こうありたい自分」というイメージ
があれば、そのイメージと現実のギャップを考え、
それを埋めるためにはどうしたら良いのかを考えることも、
今後のキャリア設計をする上で有効かもしれません。

自らの人生において何を求めるのか、あるいは実現したいことは
何なのかを考えるヒントにもなるでしょう。


そしてとても重要なのが、設計したプランを常に
見直して修正していくことです。
もちろん僕だってまだ企業に入ってないわけで、
入ってから分かる部分というのはかなりあるでしょう。
そうした変化に柔軟に対応していければ良いと思います。


[働く意味]
もう一つが、働くとはどういうことかを考えることです。

その為には実際にどんな仕事があって、どのようなことをやっているのか
を知る必要があります。


実際に働いている人、それこそ両親と話をしたり、
親戚や知人から得られるものもあるでしょう。
大学のOB・OGに会うのも良い刺激になるだろうし、
興味のある会社に直接訪問して見学したり、
社員の方に話を伺ったり等々。
最近ならネットを有効活用して様々なことだって可能でしょう。

方法なんていくらでもありますよね。
そしてそれを自分で考えるというのも必要なことです。

アルバイトやインターンシップをして実際に働いてみるのも
良い経験になりますよね。僕もインターンシップを検討中です。

また、企業で就職活動を経て働くだけが働き方ではないはずです。
様々な働き方をしてお金を得ている人がいることを知るのも大事です。

それこそテレビや映画でも良いし、雑誌や本を読んで考えるのも手ですね。



大学一・二年の人は就職活動での面接対策やエントリーシート等々の
言葉に迷わされること無く、もっと広い視野で考えるべきではないでしょうか。
時間はたっぷりとあります。就職活動を始めるなということではなく、
就活にのめりこむ前に出来ることがあるし、
そちらの方がより重要かもしれないと言いたいのです。

大学受験で身に付けた受験テクニックが大学に入ってから
どのように役立っているか、そして大学に入ってから高校時代に
するべきだったと思うことを、一度考えてみてください。




追記1:
一応先に就職活動がどんなものか知りたい
と言う方がいるかもしれないので参考になるサイトの
リンクを張っておきます。詳細はまた今度。

働くことを考える-[大学生のキャリアプラン]All About

キャリアコンサルタント斉藤光男の就職活動のミスマッチ解消サイト

就職活動を考える


追記2:
拙ブログの過去エントリも参考にしていただければ幸いです。

原石と挑戦〜それにつけて考える職業観〜

読書ノート「東大で教えた社会人学」


追記3:
読み返して思ったのですが、
自分とはどういう人間か、と言う問いはある意味
哲学的な問いになってしまうので注意が必要です。
そういうことではなく、具体的に自分はどういうことを
してきて、どういうところが長所、あるいは短所で、
なんていうことを過去の経験から導き出していく作業のことです。

人生の意味とか考えてしまっては、いろいろと疲れたり、
つらくなってしまうので、あしからず。
posted by Jack at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就職・インターンシップ・大学院 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。