2008年01月30日

続・北欧の福祉政策とジェンダー この記事をはてなブックマークに登録

では前回に続いて、「北欧の福祉社会とジェンダー」
について考えていきたいと思います。


この前のエントリで、
これは友人から聞いた話なのですが、
ノルウェー人の男性は海外から女性を連れてきて結婚する人が
多いということです。(そして逆は聞いたことがありません。)

と書きました。

それで、その答えを政府による、育児などへの
手厚い保護などによって女性が一人でも働きながら
子供を育てられるようになったために、
男性の稼ぎ手(英語ではbreadwinnerと言います)としての
役割が薄くなったのが原因じゃないのかと思っていたわけです。
そしてだから男性がしたくても結婚できずにいると考えました。


しかし、授業で一緒になったノルウェー人の女性
(学生なんですが結婚しているそうです!)に聞いてみたところ
どうやら別の理由があったようです。

彼女が言うには、男性が結婚出来ないのではなく、
逆に男性がノルウェーの女性では無く他の国の女性と
結婚したいという事情があるそうです。


それはなんでしょうか。


女性が働けるようになると、共働きの家庭が増えました。
しかし女性も働くとなると、家庭では女性が家事や
育児をしつつ働くというのは負担が多すぎるため、
男性も家事や育児を分担する必要が出てきます。
なぜなら家庭における大きな役割が稼ぎ手(breadwinner)
と家事などのハウスワークの二つだからです。
女性が稼ぎ手の役割を担うなら、男性も家事などの
家庭内でも協力するのが当然だと考えられます。
もちろんそのバランスは他人が判断するべきではなく、
当人同士が話し合った上で納得した役割分担が出来ることが
理想だと僕は思います。


北欧では女性の働く機会が増えたのと同時に、
働きたい女性が増えました。こうして女性が働ける状況が
しっかり整ってくると、男性だって家事を分担することが
よりいっそう求められてきます。
中にはすんなり家事を手伝って互いに満足した夫婦生活を
送れる男性もいますが、断固として家事はしたくない、
あるいは家事が出来ないという男性も少なくありません。


あとはもう簡単ですね。


そういう男性は家事をしてくれる女性と結婚したい訳です。
北欧はかなり生活水準が高く、
(国民一人あたりのGDP[GDP per capita]はトップクラスです。)
男性が働き、女性が家事をするという分担でも
十分養っていける状況があるというのもあるのでしょう。
しかし国内の女性は働きたいと思っているし、
家事だけをやりたくない訳ですね。そしたらもう海外から
家事をしてくれる女性を連れてくるしかない!(笑)

ということです。海外に目を向ければ、
まだまだ女性は家庭の中の仕事をやるという位置づけが強く、
北欧ほど女性の社会進出が進んでいない国が多いのもありますね。


もちろん実際にはもっと複雑な事情があるだろうし、
友達から聞いた話なのでこういう話があるのか程度に
受け止めてください。


閑話休題。

でもここで思うのは、男性の妥協も必要なのではないか
ということです。やはりシングルマザーが多いというのは、
母親自身の負担も大きいし、
夫婦で協力(この協力というのが大事!)して育児をする
というのがやはり理想なのではないでしょうか。
男性もこれからは家事が出来るかどうかというのが
結婚を考える上で重要になってくるのかもしれません。


もちろん勘違いしてほしくないのは、男性と女性が仕事を共にし、
共に家事をするというのが理想だと言ってるわけでもないし、
平等であるということでもないことです。
それは夫婦が対話を通じて納得したバランスの分担を
するべきであって、他が決めるものではないでしょう。
お互いに平等だと思えればそれが一番ですから。


じゃあ国家が福祉政策としてどこまで家庭を
サポートしていくのか。これは重要な問題です。
今後考えていく必要があるものです。現時点でのみ言えば、
やはり女性が社会進出するような状況は国が積極的に
整備するべきですが、家庭内における役割分担という部分は
「私」の問題として国があまり関与しない方がいいのかな
というのが率直な印象です。その意味では北欧の政策は
ある部分で行き過ぎてしまっているように感じます。
そしてそれが、前に話したようなノルウェー人男性が
外国人女性と結婚することが多いというところに
結び付けようとした動機だったのかもしれないと
今になって思います。

シングルマザーが多いというのは育児の面から見ると
やっぱりあまり好ましい状況ではないのは
きっと誰もが思っているはずです。家族というのは
構成員が互いに経済的に、あるいは文化・社会的に支えあって
維持していく一つの共同体です。というより「共同体の最小単位」
ではないでしょうか。そして家族の役割には子孫を教育し、
社会人にすることがあるはずです。


だとすれば男女平等というのはもちろん大事ですが、
それを達成するために家族の機能が失われるというのは
あってはならないし、そうならないように注意する必要がある
と言えるのではないでしょうか。


しかし最近では家族のあり方も大きく変化しています。
どのような方向へ向かっているかというと、
核家族化が進んでいるのです。これについてはこれが
良いことなのか悪いことなのか判断が出来ませんが、
考えるためには家族がどういうものであるのかというのを
まず知らなければなりません。
そのアプローチには社会学や文化人類学が使えると考えています。

みなさんもこれを機に、家族、家庭のあり方ってどんなだろう、
あるいは家庭における夫と妻の役割分担はどうだろう
なんてことを是非考えてみてください!


この次はもっと講義に即して、女性の社会進出は具体的に
どうなっているのか、あるいは国の福祉政策の違いを
規模によってタイプ分けしたりすることなんかを扱おうと思います。



※COURRiER+hitomediaのブログ(参照)の方に掲載させていただいている文章を転載、一部このブログのために改変しています。どうぞご了承ください。
posted by Jack at 05:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・学問 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年01月25日

北欧の福祉社会とジェンダー この記事をはてなブックマークに登録

今週から授業も始まり春学期スタートです!
正確には先週から始まっているのですが、日本へ一時帰国していたので
今週から授業に参加です(笑)

今のところあったのが、
The Scandinavian Welfare Model and Gender Relations
という長い科目名の授業なんですが、講義とセミナーが一回ずつありました。

スカンディナビアと言うと、北欧五カ国を指し、具体的には
ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、アイスランドとなります。

北欧と言えば、女性の社会進出がかなり進んでおり、
また国家が手厚い福祉政策を行っているイメージがありますよね。
それと同時に消費税も高いわけなんですが。


この授業では、スカンディナビア諸国を中心としたヨーロッパ各国の
福祉政策の比較と、ジェンダーと福祉政策の関連性を考えるようです。

今回は授業にはあまり触れずに、
気になっていることを書いてみようと思います。

授業内容については今後授業が進行するのと平行して書いていくのも
面白いかなと思うので、興味がある方は気軽に仰ってください。
疑問や意見なども、どしどしお待ちしています!

ジェンダーという言葉は日本でもかなり広く使われているものなので
今更説明する必要は無いかもしれませんが、
簡単に定義すると、
生物学的な性とは別に文化、社会によって形成された性であり、
男性らしさ、あるいは女性らしさという言葉などで表されるような
概念を具体的には指します。

フェミニズム運動などと共にこのジェンダーという言葉が
頻繁に使われるようになり、また、社会における男女平等が
訴えられるようになりました。

そして先にも言ったように、
北欧諸国は世界でも女性の社会進出が最も進んでいる国々に
挙げられるでしょう。

例えばノルウェー王国大使館のホームページによると、
公共部門では女性が全従業員の68%を占めています。その多くは地方自治体で、そこでは78%が女性です。政府機関についても女性の比率が57%と、過半数以上を占めています。民間部門では、男性が圧倒的に多くなっています(2004年)。

とあり、まだ完全とは言えませんがかなり多くの女性が働いています。
そして北欧と言っても国ごとにその状況は異なってきます。

また、女性が社会へと進出する上で重要となってくるのが
育児サポートなどの女性が働ける環境の整備です。
そこを国が福祉政策としてどこまで出来るかというわけですね。

ここでジェンダーと福祉政策がリンクしてくることになります。


しかし僕が気になっているのは家庭についてです。
これは友人から聞いた話なのですが、
ノルウェー人の男性は海外から女性を連れてきて結婚する人が
多いということです。(そして逆は聞いたことがありません。)

なんでだろうと思ったときに一つ考えたのが、
かなり女性が社会的に自立出来ており、
また育児ケアを含めた生活保護なども充実しているので、
男性がいなくても(稼ぎ手がいなくても)シングルマザーとして
やっていけるのではないかということでした。

これはノルウェー人の男性には申し訳ないのですが、
そういう考えが浮かんだんです。

(余談ですが大学へ通うためにバスに乗ることが多いんですが、
ベビーカーでこどもを連れている乗客をかなり頻繁に見かけます。
バス車内の真ん中に広いスペースがあるため、
そこにベビーカーが2台くらいは乗れます。)

もちろんこの考えには背景として家族の役割という概念があるので
そこを説明しなければなりません。

最小単位として、夫婦から構成される家庭を考えるとき、
家庭を維持するためにしなければならない役割が二つあります。
それはお金を稼いで家計を維持する役割と、家事洗濯などをする役割
の二つです。

従来、この役割は前者を男性が、そして後者は女性が担うものでした。
そして変化しつつありますが、現在もこの分担が多くの文化、社会で
行われています。

福祉政策にもどこまで保障するのかという程度の違いはあります。
それは職を失っている者や高齢者、生活に貧窮している家庭の
生活保護までであったり、さらに手厚く育児をしている
家庭への保護まで行うことも出来ます。

このように考えると、
国の手厚い保障が家庭内の生活保護まで行くと、
家庭内における稼ぎ手の役割が薄くなってしまうのではないか
という疑問が生じてきます。

つまり従来稼ぎ手であった男性の家庭内における役割が薄くなる
ということですよね。
だからそれがノルウェー人男性がノルウェー人女性と結婚出来ない
理由なのかなと思ったわけです。

ということで、日本の福祉を考える上でも北欧の福祉モデルは興味深いし、
また一男性としても気になることではあるので(笑)、
上のような問題意識を持ってこれからも授業に望んでいきたいな
と思います。


さて、実はさきほどの問いを同じ授業を取っていたノルウェー人女性にも
セミナーの際に聞いてみましたが、別の理由があるようです。

それについてはまた次回ということで。


(※ この文章と同内容のものをこの度開始したCOURRiER Japon + hitomediaの政治を語るブログ【参照】にも載せています。今後同様のことを行うことがありますので、どうぞご了承ください。
posted by Jack at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・学問 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2008年01月21日

三代目鼠小僧あらわる!? この記事をはてなブックマークに登録

マイコミジャーナルより(参照)。

三代目鼠小僧が渋谷街頭ビジョンをジャック! 総額300万円のEdyをプレゼント(2008/01/16)
フェリカネットワークスは13日より、「おサイフケータイ」などに搭載されるFeliCaプラットフォームの認知拡大、利用促進を目的に、合計2,100名に総額300万円分の電子マネー(Edy)をプレゼントする「三代目鼠小僧キャンペーン」を開始した。


日本に一時帰国していた際にJRの湘南新宿線を使ったのですが、
車内には進行方向左側にずらりと同じ種類の広告が並んでおり、
全身黒ずくめの人が一枚の紙を持っているものでした。
そこには「皆様のおサイフお助け致します」という文字が。

ずいぶん大掛かりな広告だなと思いつつも、面白いことを
やるなとも感心しました。
どうやら上記の記事によると、
渋谷スクランブル交差点前のスクリーンを使った大々的な
広告を展開したようです。

目的はおサイフケータイの利用を促進するためなのでしょう。
これはなかなか良いアイデアだと思います。こういう
様々なメディアを総合的に有効に使った広告というのには
胸が躍りますね。

おまけはその動画です。

posted by Jack at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。