2007年11月23日

改正出入国管理・難民認定法〜指紋採取の行方〜 この記事をはてなブックマークに登録

改正入管法が施行され、20日から海外からの
16歳未満を除く入国者に対し、入国時には
指紋採取と、顔写真の撮影が義務付けられました。
今回の対象には、既に国内に住んでいて、一度海外に
出てから日本に戻る外国人が含まれ、
また、朝鮮人や中国人の永住者は除外されます。
このシステムを導入するのはアメリカに続き日本が二例目です。
(参考:東京新聞BBC NEWS(英語)、globeandmail(英語、カナダ))
参考にした海外ソースなのですが、より懐疑、反対派の意見が
鮮明に出ている気がしました。


僕のこれに対する立場は、

この施行には疑問あり、

です。少なくとも今回の実施による効果が全く無いと
否定は出来ないのですが、賛成も出来ません。

ロイター(英語)によると、初日で5人が指紋検査で引っかかり
拘束されたということです。(出身国などの詳細は明かされませんでしたが。)

今回考えなければならないと思うことが二つあると僕は考えています。

一つ目は、外国人からの指紋採取と顔写真を義務付けるということが、
プライバシーを侵害しているのではないか、あるいは差別ではないのか、
という指摘です。

今回の指紋採取は、
これまでに国内で集められてきた犯罪容疑者の指紋と、
国際指名手配されている容疑者の指紋のデータと照会して
犯罪を犯す可能性のある人物を国内に入れないことを目的としており、
また、今回採取される指紋はデータとして蓄積され、
今後活かされるということです。

この活用なのですが、もちろん一旦登録すれば
今後身元確認がスムーズになるという利点が考えられます。
しかし、今回集められたデータがどのように利用されるのかは
はっきりと分かっていません。
他の国々と共有されるかもしれないし、インターポール(国際警察機構)などへ
データが供給されるかもしれません。

(これは話が横道に逸れますが日本の情報管理能力は低いと言わざるを得ません。
機密情報がWinnyによって流入するなど少し前にありましたよね。)


もちろん僕は日本人なので、今回の件から直接影響を
受けることはありません。だから指紋採取をされる側にはいない訳です。
しかし、指紋とは個人情報の一種だと考えています。
個人判別のために指紋認証などが用いられていると思いますが、
指紋=本人という、ある意味名前より、住所よりも確実に本人を表す記号が指紋
ではないでしょうか。

考えにもよりますが、
この流れが続いたとしてそれぞれの国に指紋のデータが
共有される形で蓄積されるとすると、各国間を移動するときの
証明として指紋が使えるので本人確認はより確実なものになると
予想されます。
しかし、これは同時にそれぞれの国が個人情報を管理するということでも
あります。個人を特定する情報を個人がコントロール出来ないというのも
おかしな話だし、そもそも海外渡航者は自らの個人情報がどうなるのか
ということまで考えているのだろうかという疑問もあります。

セキュリティの為にデータを集めるということは
数があればあるほど安全性が上がるので、集められた情報は
他国などと共有されるのではないでしょうか。
(そうでなくても個人情報を国家が管理することには変わりありません。)
指紋という情報がどのように扱われるべきなのかを一度考えてみる
必要があると思います。


また、今回は大きく取り上げませんが、テロ対策だと言いながら、
実は海外渡航者を犯罪の前科があるのもと同等に
扱っているという事実があります。
これが差別だと言うことも出来ると思います。
観光客がこれにより減るかもしれません。しかし、ルールが守れないなら
来なくて良いというのも一理あります。
これはニュースに対するコメントや、施行に対する意見として
散見されました。

難しいのは、これが国益に適っていることなら、
国民が反対する理由が無いということです。

このシステム導入の理由は何だったのでしょうか。


そう、テロ対策です。


安全になるなら反対する必要は無いかなと思うかもしれませんが、
これについては考えさせられることがあります。

これが二つ目です。

反テロリズム―。

これはアメリカの9.11同時多発テロ以降、
ロンドンやバリ島で爆発事件があったり、
炭疽菌による殺人事件なども起こりました。

テロと言ってもさまざまな種類があり、
オウム真理教の地下鉄サリン事件などもテロと
言えるようなのですが、それらについては地道に
治安を保ち、警戒を常に怠らないという方法しかないと思います。
ニュースでも指摘されいるように、国外から来る犯罪者だけでなく
日本国民がテロリストたりうるということでもあります。

僕が考えたいのは、イスラム原理主義派による
テロです。ジハードなどかなり話がややこしくなりますが、
少なくともアメリカが「敵」として捉えているのがこの勢力です。

特に同時多発テロ以降は反テロが叫ばれ、イラク戦争につながり、
今に至っています。

最も、この同時多発テロによる国民の恐怖は計り知れず、
反テロを掲げる政策を全面的に支持しました。

しかし、この支持の上で、
国が国民の恐怖を煽ることで、国民を操る、
あるいはそれにより一部の既得権益者が利益を得ている
とも考えています。(軍需産業など。)


今回の指紋採取のシステム導入についての
鳩山法相が質疑に答える場面がありました。

ここで出たのがあの問題発言です。


[東京 29日 ロイター] 鳩山邦夫法相が29日、都内で行った講演で「友人の友人がアルカイダのメンバー」などと発言し、その人物が偽造パスポートで日本に入国したともとれる発言をした。ただ、断定できる内容ではなかったとして、その後に発言内容を修正した。

 同法相は、入国する外国人に指紋の採取を義務づける改正出入国管理・難民認定法に関する質疑の中で、2002年10月に202人の犠牲者を出したバリ島での爆破事件にも関わったとする人物について触れ、この人物から、安全上の理由からバリに近づかないように警告を受けたなどと語っていた。(以下略)
ロイター「鳩山法相が「友人の友人がアルカイダ」と発言、その後に修正」より。




最初は僕も変なことを言っているなとしか思わなかったのですが、
今回の施行のことまで考えると、どうやら意図があったようです。
もちろん報道の時点で気づけたのでしょうが、訂正しただ、なんだのと、
どうしてこんな発言をしたのか考えませんでした。

つまり、この話を持ち出すことによってテロの危険性が
非常に高く、身近にあるということを暗に示したかったということでしょう。
質疑の中でこんな話を持ち出すというのは要するにそうではないでしょうか。

少なくとも波紋を呼んだのは確かだし、日本は物騒だと感じた人も
多いはずです。平和ボケしている(?)日本人にテロが身近に迫っている
ということをアピールするには良い機会だったのかもしれません。


しかし、これはある意味国が国民を煽っているということにも
ならないでしょうか。テロという恐怖をちらつかせて国民を良い方向に
動かすということです。考えすぎかもしれませんが、この件の背景には
このようなことがあり、それらを直視する必要があるような気がします。
テロの恐怖はあるかもしれないが、
それが誇大されたものである可能性があるということを
常に肝に命じたいと思います。


恐怖に屈するのか、それとも自由か。

僕のルームメイトとこの件について話し合ったとき
こんなことを言ってたのが印象的でした。
posted by Jack at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・社会 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。