2009年11月01日

尊い この記事をはてなブックマークに登録

先日ある人から聞いた話で考えさせられたことがあります。



太平洋戦争の後に生き残った人々は長い間口を閉ざしていた。

この事実に対してあるテレビでは、
それは彼らの経験が悲惨過ぎて思い出すのがはばかられ、
長らく当時のことを語る人がいなかったのだと分析していたそうです。

しかし、そうではない、と。

彼らは自分たちが生き残った側であり、
死んでいった者たちに対して申し訳ないから口を開かなかった。

そして彼らはその罪の意識を持ち続けて生きてきたのだと。


私自身、この話を聞いた時
こみあげてくる思いから、涙をこらえることができませんでした。


今でも何で涙が出てきたのか、はっきりとは分かりません。


ただ、
生き残った人たちはなんてつらい生き方をしてきたのだろう、、、
そう思いました。


Ifは無いと分かっていてもなお、
私がもしそうした状況に置かれたらどうするだろう
と考えてしまいます。


私自身、強い人間では無いので
人の死を背負って生きていくことはとても出来ないと
思います。

批判を承知で言えば、
死んでいった人たちだって残された人が
そうした生き方をすることは決して望まないだろう、、、
とも思うのです。


だからこそ、生き残って申し訳ないと思いながら生きてきた
彼らを尊い(たっとい)と感じました。




人の死について、
最近たまに考えます。

人が死ぬってどういうことなんだろう、
自分が死ぬってどういうことなのかな、とか。

死について考えることって、
生について考えることでもありますよね。

生と死はコインの裏表です。

死が無ければ命の価値など無いに等しい。

有限の命だからこそ、生は尊いのだと思います。

もし、人間が簡単にクローンとかで生き返ったり出来るように
なれば人は命を粗末に扱うようになるでしょう。


でも普段から人生の大切さを意識することって
中々難しいのかもしれません。

なぜなら多くの場合、あるものを失った後に、人って
その大切さに気づくからです。

つまり、自分が死に直面したときに
人生の大切さが分かるということ。


死にそうになった経験ってそんなにあるわけでは
ありませんが、熱でうなされて白昼夢のようなものを
みた時に、ふとそういうことを考えることはありました。



人の死って、生きている人たちに
大きな影響を与えるんだと思います。

正確には生き様と言えばいいのでしょうか。

良いか悪いかという価値判断は無意味ですが、
とにかく影響を与えます。


だからこそ自分自身も、
私が死ぬ時に残していく人たちに
どういった影響を与えるのだろうか、ということを
考えながら生きていく必要があるのだと思います。


といってもまだまだ何かを残せるようなレベルには
無いのが現状ですけど(笑)



最後に気になった歌詞を。

  駄目な映画を盛り上げるために
  簡単に命が捨てられていく
  違う 僕らが見ていたいのは
  希望に満ちた光だ
 
           〜HERO/Mr.Children

命って感動のために消費されるほど
「安い」ものでは無いと、
この曲を聴いて思います。
posted by Jack at 22:04 | Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年05月20日

留学後記 この記事をはてなブックマークに登録

1年の留学が終わり、丁度1年が経とうとしています。
良い機会なので、留学について振り返ってみようと思い
文章に起こして見ました。



中学時代は本当に英語が苦手だった。
もちろん勉強するやる気はあるにはあったんだけど
テストでは良い点が取れないし、答えを丸暗記するレベルだった。
だけど、その頃からか海外に漠然とした興味を持っていた気がする。
映画(洋画)を良く観ていたからかもしれないし、
小さい頃に読んだ伝記や、遠き落日(野口英世の一生を描いた映画)が
影響を与えたのかもしれない。
とにかく、その頃はいろんな人の話が聞きたいと思っていて、
海外に行けば日本では会えないような人とたくさん話せるという
わくわく感があったような気がする。

だから、一年間の留学が義務で、大学を出るころには
生きた英語を身につけられると謳っていたAIUに興味を持ったのは
当然だったのだろう。
実際に留学に行く段となり、どこに行こうかを考えたときに
僕はヨーロッパに行こうと思った。
やはり欧米文化というか、西洋文化の発祥はヨーロッパであるし、
少なからず日本に対して影響を与えており、
国際社会の中で大きな位置を占めているのだから、
実際にヨーロッパをこの眼で見たいという思いは強かった。
決して欧州の文化が進んでいるという思いは無かったから、
明治時代の侍とは違う考えだったけれど、
欧州の歴史の重みを感じてみたかったのだ。

さて、実際に留学を終えてみてどうだったかと言うと、
頭の中の世界が広がったというのは間違いないと思う。
真白な地図に自分が行った所を書き込んでいくイメージ。
日本以外にヨーロッパが新たに自分の地図に書き加えられたような感じだ。
テレビで見たより、そして本で読んだよりもずっとリアリティがある。
想像力を働かせて、脳内でヨーロッパをイメージ出来るようになった。
しかもそれは映像だけでは無くて、味、音、匂い、
肌で感じられる風までも含まれていて、その分ずっとリアルなのだ。

自分の想像力が足りないからなのかもしれないが、
正直実際に海外に行ってみるまで本当に日本以外の国が
存在するのか確信が無かった。
そんなバカなと思うかもしれないけれど、
ヨーロッパを列車で回ってみて初めて、
ヨーロッパ大陸がこんなにも広大で、
それぞれの国が陸続きになっているということが分かったのだ。
そして、新聞の記事を読んでいてヨーロッパの事が書いてあると
つい目が止まり、今どんなことが起こっているのか知りたくなる。
そして遠いけれど近い欧州に思いを馳せる。
それは留学前には考えられなかったことだと思う。
その意味で僕のアンテナはいくつも増えた訳だ。

「世界」なんてはっきり言って自分が想像できる範囲でしか語れないし、
国際社会と言っても自分が知らない国のことは
正直真剣に考えられないのかなと最近は良く思う。
想像力を存分に働かせれば、きっと行ったことのない国についても
少しは考えられるかもしれないけれど、それにだって限界がある。
だとしても、想像力を高める必要があるのではないか。
少しでも心の中の地図を埋める努力をすることが必要なのではないか。
そうじゃないと、日本を超えた枠組みで物事を考えることが出来ないし、
そもそも今ある自分の周りの狭い周囲にまでしか
思いを至らせることが出来ないと思う。
自分が今いる地図の一点から少しでも遠い点を取って、
そこから線を引こう。

自分の「世界」を突き破るために。
posted by Jack at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 留学・語学 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

2009年05月18日

働くとは この記事をはてなブックマークに登録

前に『働く理由』(ディスカヴァー21)という本を買ったので、
それについての感想を今さらながら書いてみます。

昨日の雑想はこれから徐々にほぐして考えていけたらなと思います。
あれらが自分の根っこにある関心なんですよね。最近の。

筆者の戸田智弘は、働くということを、

「働く」=「お金」+「やりがい」

と定義しています。
これ自体はなるほどなと思いますが、
このやりがいというのをもうちょっと具体的に考えたいと思います。

自分がどんな時にやりがいを感じるかというと、
おそらく社会に対して自分が何らかの関係を確立出来たときだと思うんです。
これは前回の日記でも少し触れました。

つまり、自分→世間→社会→世界というつながりの中で、
自分の立ち位置を正確に把握でき、それを維持できること。
それがやりがいを感じさせるのではないかと。

その意味では、逆に自分と世界はどのようにつながっているのか
そういうことを意識させてくれる行為が仕事なのだということも出来ます。

なので仕事という言葉は、単に職場に勤めることだけに関わらず、
世界と自分の関係を構築する行為は全て仕事だということも出来るかもしれません。

そして関係を築くのであれば、なるべく自分独自の関係を築く方が良いですよね。
独自の関係を築くという意味では、やはり自分が主体的に世界に関わることが出来る
仕事の方がやりがいを感じるのでしょう。


この本はいろいろな引用で成り立っているのですが、
そのいくつかを紹介します。(孫引きになりますが)

 
 どれほど才能があって、どれほど努力をしても、それがまったく結実しないと嘆く人間がいる一方で、まるで才能もなく、ろくに努力もしていないけれど、どうも「いいこと続き」で困ったもんだとげらげら笑っている人間がいる。
 その差は、自分の将来の「こうなったらいいな状態」について「どれだけ多くの可能性」を列挙できたか、その数に比例する。
 当然ながら、100種類の願望を抱いていた人間は、1種類の願望しか抱いていない人間よりも、「願望達成率」が100倍高い。

内田樹(うちだ たつる)『こんな日本でよかったね』(バジリコ)



これは、前に日記で書いたこと
にも関わりますが、

自分の立ち位置を把握すること、

自分が大切にしていることを見つめ直すこと(→これが望む関わり方につながる)、

そして、
自分のいくつもの可能性を考え、それを受け入れ、楽しむこと

そういったことがすごく重要なんじゃないかと思います。


あともう一つ引用します。

「自分に合った」仕事など、いつまでも見つからない。な
ぜなら、彼らは、「自分に合った」仕事をみつけたいと言
う。その一方で、「自分が分からない」とも言う。つまり、
わからないものによって、わからないものを見つけようと
しているわけだ。そんなもの、見つかる道理がないでは
ないか。自分と言うものは、「わからない」のではなくて、
自分というものは「ない」のだと、一度思い知らなければ
ダメなのだ。

池田晶子『知ることより考えること』(新潮社)


これなんかは、再度になりますが、
関係に目をくれずに自分を探そうとしても無理だという話です。
その意味で、「自我」、自分らしさ、自分であること、
は関係の中にしか見出せないわけです。

それは、
人間が実体的存在ではなくて関係的存在である(p.207)
からです。



朝から何か難しいこと書きましたが、
最後にもう1個。

この道を行けば、どうなることか、
危ぶむことなかれ、危ぶめば道なし。
踏み出せば、その一歩が道となる、迷わず行けよ。
行けば、分かる。

一休宗純

(なお、本書には一休の引用としてありますが、
ウィキによると清沢哲夫の「道」らしいですね。)

「決める」こと、
一歩を踏み出すことが何より大事だと思います。

やってやるぜ!、と思わなければいつまでたっても始まらない。
posted by Jack at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 批評〜書籍・映画・ドラマ〜 | このエントリーを含むはてなブックマーク |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。